金子 賢司

この記事の監修者

ファイナンシャルプランナー

金子 賢司さん

ホームページ・運用サイト

運転免許ローン(教習所ローン)とは、運転免許の取得を目的としてお金を借りることができるサービスです。

「運転免許を取りたいけどお金を用意できない」

という方にとって、強い味方となります>。

また、資金用途自由のカードローンでお金を借りて、運転免許の費用に当てる方法もあります。

1日でも早く教習所に通うためにも、ぜひこの記事を参考にしてください。

金子賢司

CFP(日本FP協会会員)

監修者 金子賢司の一言コメント!

コメント

運転免許ローンは、運転免許に関連する費用がすぐに準備できない人には便利なサービスです。しかし運転免許ローンの特性から、はじめてローンを利用することになる人も多いかもしれません。毎月の返済額×返済回数で総返済額を計算して、借り入れた金額と比較してどれくらい増えているか確認して、納得したうえで利用を始めることをおすすめします。

運転免許ローン(教習所ローン)の特徴

運転免許ローンとは、運転免許取得のための学費や関連費用に利用することが目的のローンです。

頭金は不要で、支払いを始めるタイミングや回数を自由に選ぶことができるのは大きなメリットと言えます。

運転免許ローンを利用するには、窓口やネットで手続きして、金融機関の審査に通過する必要があります。
▶︎免許ローンの審査内容はこちら

なお、金利や返済条件は提供する金融機関によって異なるので、申し込み前に確認するのがおすすめです。

\担保や保証人不要で申込める/

横浜銀行ライフサポートローン

実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.7%~4.7%(変動金利) 最大500万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短即日(仮審査回答) 最短10日 -

18歳以上であれば、学生・主婦も本人名義で申し込みOK

教習所に通う方の多くは、進学や就職を控えた若い世代です。

18歳以上で保護者の同意さえ得られれば、未成年でも申し込めるものもあります。

頭金不要で、支払い方法は自由に選べる

回数払いはもちろん、支払い開始時期を遅らせること(スキップ払い)ができるローンもあります。

在学中に自動車教習所に入校して、就職してからお給料で返済する、そんなプランを立てることも可能です。

窓口やネットで簡単に手続きできる

インターネットから申し込めるローンもあります。

また、運転免許ローン(教習所ローン)を取り扱う業者と提携している自動車教習所も多いので、窓口で申し込みできてしまうこともあります。

金子賢司

CFP(日本FP協会会員)

監修者 金子賢司の一言コメント!

コメント

運転免許を取得のためには多額のお金がかかります。そうしたときに運転免許ローンは役に立ちます。しかし、もしかしたら初めてローンを利用するという人がいるかもしれません。ローンを組むときは、元本だけではなく利息を含めた金額を返済しなければならないこと。また、利息を上乗せした総返済額は、元本よりも意外に大きくなる可能性があるので、利用前に十分検討する必要があります。

運転免許ローン(教習所ローン)の種類

運転免許ローンは、大きく分けると3種類から選ぶことができ、それぞれにメリット・デメリットがあります。

しっかりと見極め、あなたの免許取得プランに合ったものを選びましょう。

運転免許ローンではありませんが、カードローンを利用する方法もあります。
▶運転免許ローンの代わりにカードローンを利用しよう

銀行の運転免許ローン

  • 金利は1.0%台〜
  • 審査は厳しめで、学生は利用できない

限度額が高いのが特徴で、金利も1%台~からと低めに設定されています。

銀行の多目的ローンのような位置づけですが、やはり審査は厳しめで、未成年や学生の利用はできないようです。

銀行によっては、自動車ローンを運転免許ローンとしても利用できるものもあります。

信販会社の運転免許ローン

  • 金利は13.0%台
  • 18歳以上の学生も利用可能

若い年齢層をターゲットとしていることもあってか、セゾンカードやエスポカードなど、信販会社が運転免許ローンを展開しています。

信販会社の運転免許ローンは、金利が13.0%台と高めです。

18歳以上であれば学生でも本人名義で審査可能で、未成年の場合も親権者の代理申し込みができます。

未成年でもクレジットカードを持つことができ、独自のポイント特典も魅力なのが特徴です。

大学生協の運転免許ローン

  • 実質金利は9.0%1
  • 大学生しか利用できず、連帯保証人(親権者)が必須

大学生しか利用できませんが、実質金利9.0%はお得。

ただし、親権者に連帯保証人になってもらう必要があります。

また、指定の合宿免許にしか使えないなどの制約もあります。

金子賢司

CFP(日本FP協会会員)

監修者 金子賢司の一言コメント!

コメント

銀行や信販会社など、多くの場所で運転免許ローンは取り扱っていますが、金利が全く異なる点には注意が必要です。 毎月の返済額だけ見ると、分かりにくいのですが、利息に元本を加えた総返済額が想像以上の金額になっている可能性もあります。毎月の返済額×返済回数で計算をして、元本をどれくらい上回るのか、利用する前に計算したうえでどのローンを利用するか決めると良いでしょう。

おすすめの運転免許ローン(教習所ローン)

上記の種類の中から免許の取得費用として広く利用できるおすすめローンは横浜銀行ライフサポートです。

横浜銀行のライフサポートは申込時に担保や保証人を用意せずに申し込めます。

横浜銀行ライフサポートローン

実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.7%~4.7%(変動金利) 最大500万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短即日(仮審査回答) 最短10日 -

運転免許ローン(教習所ローン)申込み手順・審査の流れ

  • 必要書類の準備
  • オンラインまたは窓口から申し込み
  • 金融機関による審査(数日〜数週間)
  • 審査結果の通知
  • 契約の締結
  • 借入

運転免許ローンの申し込みに必要な書類

  • 本人確認書類
    (運転免許証、パスポートなど)
  • 収入証明書類
    (給与明細、源泉徴収票など)
  • その他金融機関が必要とする書類

運転免許ローンの一般的な申し込み手順と審査に必要な書類は上記のとおりです。

審査結果の通知は金融機関で異なり、数日〜数週間で、郵送、電話、オンラインなどで連絡がきます。

審査に通過したら、契約書類に署名、押印または認証を行い、金融機関に提出します。

契約締結後、ローン資金は指定の口座に振り込まれるか、一部の金融機関では、直接運転学校に支払われます。

横浜銀行ライフサポートローンの場合

ここでは、実際の金融機関を例として、当サイトがおすすめする「横浜銀行ライフサポートローン」の申し込みや審査の流れを紹介します。

\担保や保証人不要で申込める/

横浜銀行ライフサポートローン

実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.7%~4.7%(変動金利) 最大500万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短即日(仮審査回答) 最短10日 -

利用できる人

横浜銀行ライフサポートローンを利用できるのは、次の条件をすべて満たす個人です。

  • 借入時点の年齢が満18歳以上で、最終返済時の年齢が満70歳未満の人
  • 安定継続した収入のある個人
  • 保証会社(横浜信用保証株式会社または株式会社ジャックス)の保証が受けられる人
  • 原則、次の地域に居住または勤めている人
    神奈川県、東京都(一部地域を除く)、群馬県(前橋市、高崎市、桐生市、みどり市)

※外国籍の場合、永住権を持っている人

申し込みの流れ

  1. インターネットより仮審査申し込み
    仮審査の結果は、最短即日にメールでの連絡となります。
  2. 正式審査必要書類の提出
    仮審査結果メールと合わせて、正式審査に必要となる書類と提出方法の連絡が来ます。
    書類提出はアップロードできます。
  3. 正式審査結果の連絡および「お借入内容入力」手続き
    正式審査結果のメールに記載されたURLから、「お借入内容入力」の手続きをおこないます。
  4. 契約手続き
    〈はまぎん〉マイダイレクト(インターネットバンキング)で契約手続きをおこないます。
    初回利用登録が済んでいない場合は、初回利用登録からおこないます。
  5. 借り入れ
    原則、借入金額は契約者の口座に入金され、直後に銀行が契約者名義で購入先等への振込手続がされます。

    契約者自身が振込手続きをする必要はありません。
    振込手数料が必要です。(WEB契約の場合は振込手数料は無料)

利用条件の注意点

横浜銀行ライフサポートローンは、運転免許の取得費用のためにも借りることができますが、対象が18歳以上で原則安定した収入のある方になります。

ですので、残念ながら未成年や、給与収入のない人は利用できません。

また、18歳以上で、神奈川県、東京都(一部地域を除く)、群馬県(前橋市、高崎市、桐生市、みどり市)に居住または勤めている人なら、申し込みは可能ですので、一度検討してみると良いでしょう。

\担保や保証人不要で申込める/

横浜銀行ライフサポートローン

実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.7%~4.7%(変動金利) 最大500万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短即日(仮審査回答) 最短10日 -

運転免許ローンの代わりはカードローンもおすすめ

これらの運転免許ローンの代わりに、資金使途が自由なカードローンを利用する方法もあります。

カードローンは銀行や消費者金融が提供しているサービスで、決められた限度額の範囲なら何度でも借入、返済ができます。

運転免許ローンの場合、借りたお金をきちんと免許の取得のために使ったということを証明するために、そのことを示す書類の準備が必要です。

しかし、カードローンなら免許取得の証明書類は必須ではありません。

そのなかでも特におすすめなのがアイフル三菱UFJ銀行カードローンです。

はじめてカードローンを利用する方にもおすすめな利便性の高い商品となっています。

※受付時間、審査状況によっては、審査結果の回答と融資が翌日以降になる場合があります。
※三菱UFJ銀行カードローンは限度額50万円超から収入証明書が必要です。また、即日融資には対応していません。

アイフル

30日間無利息!最短18分で審査完了

総合評価

  • 3.7点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.0%~18.0% 最大800万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短18分※ 最短18分※ -

おすすめポイント

  • 初めてなら最大30日間無利息!
  • 会話ロボット「ぽっぽくん」に24時間相談OK!
  • 「1秒診断」で融資可能か簡易チェック可能!

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

;

各サービスによって申し込みの条件は異なりますが、概ね20歳以上で安定した収入のある方が対象となります。

ただし、一部銀行のカードローンの場合、専業主婦や学生など収入がない方でも、配偶者やご家族に収入があれば借りられるカードローンもあります。

    金子賢司

    CFP(日本FP協会会員)

    監修者 金子賢司の一言コメント!

    コメント

    カードローンは申し込んで、審査に問題なければすぐに利用できるので、急いでお金を準備しなければならないときに向いています。しかし、カードローンは金利が高めの傾向にあります。またカードローンの金利は、上限と下限の幅を設けていますが、初めて利用する人が下限の金利になることはありません。金利を比較するときは、金融機関が公表している最も高い金利が適用されるものと考えておきましょう。

    短期の免許取得を目指すなら合宿免許も検討しよう!

    自動車免許の取得となると、確かにお金の心配もありますが、短期間で取得したい!と思っている方も少なからずいるのではないでしょうか。

    そんな方には、合宿免許がオススメです。

    合宿免許なら、入校から卒業までの教習スケジュールがしっかり決まっているので、最短で普通車ATは14日、普通車MTは16日という短期間で卒業できます。

    また一方で、宿泊料や食事代なども料金に含まれるので、通常の通学での免許取得よりも費用が大幅に高くなるのでは?と思っている方も多いと思いますが、実はそんなことはありません。

    自動車学校への入校時期にもよりますが、一般的に合宿免許は通学免許よりも安価に設定されている場合が多くあります。

    この理由も、入校から卒業までの教習スケジュールが完全に決まっていることが理由です。

    通学の場合は、教習生がプライベートを優先することも少なくなく、教習所は常に予約変更やキャンセルに対応する必要が生じます。

    しかし、合宿の場合は教習スケジュールが決まっており、予約変更やキャンセルの対応の必要がないため、料金を安価に設定することができるのです。

    合宿免許で運転免許・自動車免許を取得するなら全国の自動車教習所の免許合宿情報満載の合宿免許ドリームがおすすめです。

    合宿免許ドリーム

    特徴
    • 合宿免許ドリームなら、早く安く確実に免許の取得が可能!
    • 合宿免許ドリームは、最低価格保証サービスでどこよりも最低価格をお約束!
    • 合宿免許のプランをどう検索したらいいかわからないという方は合宿プラン診断がオススメ!
    • 合宿免許ドリームなら、お客様の要望に応じて2つの運転免許クレジット(ローン)をご用意!