おすすめのキャッシュレス決済を種類別に比較|自分に合った決済方法の選び方を紹介
新井 智美

この記事の執筆者

ファイナンシャルプランナー

新井 智美さん

ホームページ・運用サイト

近年、コンビニエンスストアをはじめ多くの店舗でキャッシュレス決済が導入されています。クレジットカードは以前から使われていましたが、使用方法もタッチ決済に変わるなど大きく変化しています。最近ではアプリ決済や電子マネーといったキャッシュレス決済も使われるようになっており、どのキャッシュレス決済が自分に合っているのかを見極める必要があります。

今回は、キャッシュレス決済の種類と特徴を解説するとともに、おすすめのキャッシュレス決済を紹介します。

キャッシュレス決済の種類

キャッシュレス決済の種類

キャッシュレス決済とは、現金を使用せずにお金を支払う方法で、キャッシュレス決済を取り入れることで持ち歩く現金を少なくできるというメリットがあります。

キャッシュレス決済には、大きく分けて以下の3種類に分けられます。

キャッシュレス決済の種類
クレジットカード決済 商品やサービスを受取った後に支払う、後払い式の決済方法です。クレジットカードを作るには、審査があります。
アプリ決済 スマートフォンにアプリをダウンロードし、お店が表示するQRコードをお店の人に読み取ってもらうことなどで支払いが完了する仕組みです。実際の支払いは、アプリに登録したクレジットカードや電子マネーもしくは銀行口座などです。
電子マネー 専用のカードやスマートフォンに事前に金額をチャージし、商品やサービスの金額の支払いをチャージしている金額の範囲内で行える決済方法です。クレジットカード決済が「後払い式の決済方法」と言われるのに対し、電子マネーは「前払い式の決済方法」と言われています。

キャッシュレス決済を利用するメリット

メリット

キャッシュレス決済を利用するメリットは、以下が挙げられます。

キャッシュレス決済のメリット
  • スムーズに支払いができる
  • お金の収支管理が簡単にできる
  • ポイントを貯めることができる

キャッシュレス決済には、スムーズな支払いのほかに収支管理の簡略化やポイントを貯めて使う「ポイ活」などのメリットがあります。それぞれのメリットについて、詳しく解説します。

スムーズに支払いができる

キャッシュで支払う場合、お札や小銭を出しておつりをもらうという一連の流れが必要です。お札や小銭をスムーズに出せればよいのですが、おつりが少なく済むように手持ちの小銭を選別していると時間がかかることも多いでしょう。

また、おつりをもらうまでの時間や、もらったおつりを財布にしまっている時間など、レジ前にはつい留まりがちです。キャッシュレス決済なら、そのような動作が省略されるため、スムーズに支払いできます。

お金の収支管理が簡単にできる

前払い式の決済方法だと、チャージした金額の範囲内でしか支払いができないため、あとどのくらい残っているかを確認しながら利用することになります。使い方次第では、当月の予算分だけチャージしておき、チャージの範囲内で利用することで使いすぎを防げるでしょう。またクレジットカード決済は後払いですが、使った金額をクレジットカード専用のアプリで管理できるため、活用方法によっては使いすぎを防ぐことができます。

しかしキャッシュは使うたびに家計簿などで都度管理しなければ、何にどのくらい使ったか記録が残らずわらないため、つい使いすぎてしまう可能性があります。

ポイントを貯めることができる

キャッシュレス決済の種類によっては、利用した金額に応じたポイントが付与されます。貯まったポイントは支払いに充てることもできますし、他社のポイントに移行して利用することも可能です。また、商品への交換にも利用できますので、キャッシュレス決済を使う楽しみが増えます。

キャッシュで支払ってもポイントは付与されませんので、利用するだけでポイントが貯まる点はキャッシュレス決済の大きなメリットでしょう。

キャッシュレス決済を利用するデメリット

デメリット

一方でキャッシュレス決済には、デメリットも存在します。

キャッシュレス決済のデメリット
  • 店舗によっては使えない決済方法もある
  • 不正利用のリスクがゼロではない

キャッシュレス決済のデメリットの詳細について、次項で解説します。

店舗によっては使えない決済方法もある

キャッシュレス決済を利用するには、店舗側がキャッシュレス決済の種類に応じた機器を導入していなければなりません。そのため、お店によっては使えない決済方法もあります。

できれば、利用しようと思っているキャッシュレス決済が利用できるかを事前に確認しておくか、使えない場合に備えて別のキャッシュレス決済手段や現金を用意しておくと安心です。

不正利用のリスクがゼロではない

キャッシュレス決済には個人情報漏洩のリスクがあり、実際に被害を受けた人もいます。もちろん、セキュリティ面での対策は行っていますが、不正使用の方法は年々複雑になっており、思いもよらないところで被害を受ける可能性も否定できません。

不正利用を防ぐためには、まずスマートフォンに表示させたQRコードを他人に見られないようにすることや、不正ログインを防ぐために定期的にパスワードを変えることも有効です。パスワードは簡単に想定できるものではなく、できるだけ大文字や小文字、記号や数字を組み合わせた複雑なものに設定しておきましょう。

【クレジットカード】おすすめのキャッシュレス決済4選

キャッシュレス決済6選

クレジットカード決済は、以前から使われている決済方法です。使用した金額は後からまとめて請求され、支払いまでに猶予のある点が特徴といえます。

クレジットカード決済のメリット・デメリット
メリット デメリット

・手持ちの現金がなくてもショッピングができる
・ポイントがたまる
・保険が付帯しているクレジットカードもある

・支払い(返済)方法によっては金利が発生する
・使いすぎてしまう可能性がある

・信用事故をおこすと最終的にクレジットカードが利用できなくなる

クレジットカード決済のメリット・デメリットがわかったところで、キャッシュレス決済におすすめのクレジットカードを紹介していきます。

PayPayカード

PayPayカード

※出典:PayPayカード

カードの利用に応じたPayPayポイントが貯まるPayPayカードは、ナンバーレスのデザインになっており、ショッピングの予算設定ができるので使い過ぎを防げます。また、カード利用時に通知が届くため、不正利用をいち早く知ることができるといったメリットがあります。

ソフトバンク・ワイモバイルの携帯電話料金の支払いをクレジットカード払いに設定することでもポイントが貯まるため、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならぜひ利用したいクレジットカードです。

PayPayカードの特徴
もらえるポイントの種類 PayPayポイント
還元率 1%
1ポイントの価値 1円
ポイントの使い道

・ポイント運用で使う
・ショッピングで利用する

年会費 永年無料
国際ブランド JCB/Visa/Mastercard
付帯保険 なし

エポスカード

エポスカード

※出典:エポスカード

エポスカードは、マルイをよく利用する人におすすめのカードです。マルイでのショッピングの割引や、ポイントアップなども用意されています。また、通販サイトを利用する際には「たまるマーケット」を経由することで、通常よりも多くのポイントがもらえます。

店頭受け取りに限り、最短即日発行にも対応していますので、申込み当日にカードを受け取ることが可能です。

エポスカードの特徴
もらえるポイントの種類 エポスポイント
還元率 0.5%
1ポイントの価値 使い道によって異なる
ポイントの使い道

・マルイでのショッピング割引
・プリペイドカードへの移行
・商品へ交換
・他社のポイントへの移行
・ポイント投資
・キャッシュバック

年会費 永年無料
国際ブランド VISA
付帯保険 海外旅行保険

dカード

dカード

※出典:dカード

dカードを使ってショッピング利用をすると、常に1%のポイント還元が受けられます。特約店や加盟店での利用では、さらなるポイントアップや割引も用意されています。また、dカードのポイントモールを経由してショッピングすれば、ポイント還元率は最大10.5倍アップです。

dカードの特徴
もらえるポイントの種類 dポイント
還元率 1%
1ポイントの価値 1円
ポイントの使い道

・携帯料金への充当
・他社のポイントへ移行
・ショッピング利用
・商品への交換
・ポイント投資
・プリペイドカードへのチャージ

年会費 永年無料
国際ブランド Visa/Mastercard
付帯保険

・海外旅行保険(29歳以下)
・国内旅行保険(29歳以下)

リクルートカード

リクルートカード

※出典:リクルートカード

リクルートカードはクレジットカードの中でも高還元率である1.2%を誇るカードです。リクルートのサービスを利用することで最大4.2%のポイント還元を受けられます。とにかくポイントを貯めたいと考えている人におすすめのカードです。

ただし、タッチ決済に対応しているのはJCBだけですので、申込みの際には国際ブランドをJCBにすることを忘れないようにしてください。

リクルートカードの特徴
もらえるポイントの種類 リクルートポイント
還元率 1.2%
1ポイントの価値 1円
ポイントの使い道

・Pontaポイントやdポイントへ移行
・ショッピング利用

年会費 永年無料
国際ブランド JCB/Visa/Mastercard
付帯保険

・旅行損害保険
・ショッピング保険

【アプリ】おすすめのキャッシュレス決済6選

キャッシュレス決済6選アプリ

スマートフォンにアプリをダウンロードし、支払いに利用するアプリ決済は、スマートフォンさえ持っていれば支払いが完了する点がメリットです。財布を持ち歩く必要がないため、財布を紛失するリスクも抑えられます。

アプリ決済のメリット、デメリットについて以下の表にまとめたので、参考にしてください。

アプリ決済のメリット・デメリット
メリット デメリット

・現金を持っていなくても、スマートフォンさえあれば支払いができる
・お金を準備する手間が省ける
・支払いがスムーズになる
・非接触で支払いが行えるため、感染防止にも役立つ
・ポイントが貯まる

・アプリ決済に対応していないお店では使えない
・スマートフォンの電源が切れている、通信状態が悪い場所では使えない
・最初の利用前に設定を行わなければならない
・不正利用の恐れがある

以下におすすめのアプリ決済を紹介します。PayPayなどは多くの人が利用していますし、d払いの利用者も多いです。皆さんもこの中のどれかを利用しているのではないでしょうか。

Amazon Pay

Amazon Pay

※出典:Amazon Pay

Amazon Payは、Amazon以外のオンラインショップでもAmazonのアカウントを利用して支払いができる方法です。支払い方法には、クレジットカードだけでなく、Amazonギフトカード、あと払い(ペイディ)が選択できます。

現在さまざまなECサイトがAmazon Payを導入しており、最近ではダイソンが導入するなど注目を集めています。

Amazon Payの特徴
もらえるポイントの種類 登録している支払い方法による
還元率 登録している支払い方法による
1ポイントの価値 登録している支払い方法による
ポイントの使い道 登録している支払い方法による
利用料 無料

LINE Pay

LINE Pay

※出典:LINE Pay

LINE Payとは、LINEアプリで使える決済サービスです。利用の際にはチャージを行う必要がありますが、送金や割り勘などでも利用できるため非常に便利です。支払い方法は、コード支払いやスキャン支払い、オンライン支払い、請求書支払いなどに対応しています。

LINE Payの特徴
もらえるポイントの種類 -
還元率 -
1ポイントの価値 -
ポイントの使い道 -
利用料 無料

PayPay

PayPay

※出典:PayPay

PayPayはPayPayアプリを使って決済を行うサービスで、支払い方法には銀行口座やクレジットカードのほか、チャージも利用できます。PayPayを使って買い物をすることでPayPayポイントがたまるほか、送金も可能です。

PayPayの特徴
もらえるポイントの種類 PayPayポイント
還元率 支払い方法による
1ポイントの価値 1円
ポイントの使い道

・ポイント運用で使う
・ショッピングで利用する

利用料 無料

d払い

d払い

※出典:d払い

d払いはd払いアプリを利用して決済する方法で、支払時にはdポイントが貯まります。また、ドコモの携帯回線を持っている人なら、支払いを月々の携帯料金と合算可能です。また、送金利用や請求書払いにも利用できます。支払いにはクレジットカードを登録できるほか、チャージすることで支払うことも可能です。

d払いの特徴
もらえるポイントの種類 dポイント
還元率 0.5%
1ポイントの価値 選んだ支払い方法による
ポイントの使い道

・携帯料金への充当
・他社のポイントへ移行
・ショッピング利用
・商品への交換
・ポイント投資
・プリペイドカードへのチャージ

利用料 無料

楽天ペイ

楽天ペイ

※出典:楽天ペイ

クレジットカードやチャージで支払うことができ、クレジットカードに楽天カードを利用することで楽天ポイントが付与されます。また、楽天カードからチャージすることで、0.5%のポイント還元が受けられます。普段クレジットカードで楽天カードを利用している人におすすめのアプリ決済です。

楽天ペイの特徴
もらえるポイントの種類 楽天ポイント
還元率 1%
1ポイントの価値 1円
ポイントの使い道

ショッピング利用

利用料 無料

メルペイ

メルペイ

※出典:メルペイ

メルカリのアプリを利用し、日本全国のお店でスマホ決済が可能です。またメルカリの売上金を支払いに使うこともできます。売上金がない場合は、事前にチャージしておく必要があります。クレジットカードは利用できませんが、銀行口座を登録できます。

メルペイの特徴
もらえるポイントの種類 -
還元率 -
1ポイントの価値 1円
ポイントの使い道 支払いに充当
利用料 無料

【電子マネー】おすすめのキャッシュレス決済

電子マネーキャッシュレス決済

電子マネーにも、ほかのキャッシュレス決済と同じようにメリットとデメリットがあります。電子マネーは、紛失しても残高が補償されるといった点で、ほかのキャッシュレス決済とは異なります。

電子マネー決済のメリット・デメリット
メリット デメリット

・現金がなくでも利用でき、スムーズな支払いが可能
・ポイントがたまる
・電子マネーのカードを紛失したとしても、残高が補償される

・事前にチャージする手間がかかる
・いったんチャージすると払い戻せない
・通信障害が起こったときに一部の機能が利用できない

おすすめ電子マネーについて以下で紹介していきます。

iD

iD

※出典:iD

iDとは、保有しているカードや決済サービスを、スマートフォンやカードで端末にかざすだけで利用できます。クレジットカードやデビットカード、QR決済などさまざまなサービスに対応しており、iPhoneもしくはApple Watchは「Apple Pay」、アンドロイド端末だとGoogle Payもしくはおサイフケータイを通じて利用します。

スマートフォンだと設定が必要ですが、idと書かれたカードならかざすだけで利用できます。

利用料 無料
もらえるポイントの種類 利用するカードによる
還元率 -
加盟店 日本国内約200万台以上

Suica

Suica

※出典:Suica

Suicaとは、JR東日本のICカードで、鉄道やバスのほか、ショッピングの支払いにも使えます。チャージ忘れを防げる「オートチャージ機能」もあり、自動改札機にタッチするだけでチャージは完了です。

Suicaには、記名式や無記名式のカードのほか、定期券、Suica機能付き学生証や社員証などもあります。また、アプリをダウンロードすることでスマートフォンでも利用可能です。

利用料 無料
もらえるポイントの種類 -
還元率 -
加盟店 132万店舗(2022年3月時点)

QUICPay 

QUICPay

※出典:QUICPay

QUICPayは、JCBが提供しているキャッシュレス決済サービスの1つで、クレジットカードにQUICPayの機能が付帯しているタイプと、QUICPay対応のクレジットカードをスマートフォンに設定し利用するタイプの2種類があります。QUICPay対応のクレジットカードは多くあり、手持ちのクレジットカードでほぼ使えると思って問題ないでしょう。

QUICPayを利用する際には、レジに「QUICPay」のマークがあるかを事前に確認するようにしてください。

利用料 無料
もらえるポイントの種類 -
還元率 -
加盟店 日本全国205万ヵ所以上(2022年9月末時点)

自分にあったキャッシュレス決済の選び方  

キャッシュレス決済 選び方

ここまで紹介してきたとおり、キャッシュレス決済には多くの種類があります。日常生活にキャッシュレス決済を取り入れるなら、そのキャッシュレス決済の特徴や使い方を理解し、自分にあった決済サービスを選ぶ必要があります。

キャッシュレス決済の選び方のポイントは、以下の通りです。

キャッシュレス決済の選び方

  • ポイントの還元率の高さを確認する
  • 生活圏内で使えるかどうか確認する

なぜ上記の点が選び方のポイントになるのでしょうか。その理由もあわせて、解説していきます。

ポイントの還元率の高さを確認する

クレジットカードやアプリ決済には、利用金額に応じてポイントが付与されるポイントサービスが用意されています。たとえば、利用金額100円ごとに1ポイントが付与されるクレジットカードの場合、ポイント還元率は1%です。そして、キャッシュレス決済を併用することでポイント還元率がアップするプログラムがある決済サービスもあります。

ポイント還元によって貯まったポイントは、支払いに充当できたり、対象の商品へ交換できたりします。せっかくポイントプログラムが用意されているのであれば、キャッシュレス決済を利用することでどのくらいポイントアップが期待できるのかを調べ、最終的な還元率が高いキャッシュレス決済を選ぶようにしましょう。

生活圏内で使えるかどうか確認する

キャッシュレス決済が利用できる加盟店は増えていますが、対応しているお店が生活圏内にあるかどうかも重要なポイントです。せっかくキャッシュレス決済ができる状態になったとしても、使えるお店が生活圏にないと意味がありません。

また、お店によって使えるキャッシュレス決済が異なるなら、一番利用頻度の多いお店で利用できるキャッシュレス決済を選ぶか、複数のキャッシュレス決済方法を持って使い分ける方法を考えましょう。

まとめ

キャッシュレス決済を利用することで、お財布を持たずに買い物ができるほか、ポイント還元があるならポイントを貯めることで支払いに充当できるなどお得に利用できます。

ただし、キャッシュレス決済を利用するには、お店がキャッシュレス決済に対応していなければなりません。また、キャッシュレス決済によっては通信障害などで利用できない可能性がありますので、複数のキャッシュレス決済を選び、使い分けることをおすすめします。