リボルビング返済方式、よく耳にする言葉だけどどんなものなのかは、よくわからないという人が多いのでは?
リボルビング返済は便利だからと進められるままに利用すると、返済しても返済しても完済できない『リボ地獄』と呼ばれる状態に陥ることも…。

しかしリボルビング返済をきちんと理解して利用すれば、それほど恐ろしいことにはなりません。
ここではリボルビング返済の種類や消費者金融との関係をご説明しますので、じっくりと読んで、これまでの疑問を解消しましょう。

リボルビング返済って何?

  • リボルビング返済ってよく聞くけど、いつ使われるの?
  • 消費者金融で借りる時はリボルビング返済なの?

このようにリボルビング返済には漠然としたイメージしかない、という人のためにリボルビング返済を分かりやすく説明します。

リボルビング返済と言えばクレジットカードの分割払いが有名ですが、それ以外にも消費者金融の返済方法としても採用されています。
では具体的にどのような返済方法なのかを具体例でご紹介します。

クレジットカードのリボ払いの場合

  • 10万円以内…毎月5,000円
  • 20万円以内…毎月7,000円

という風に借入額(ショッピング利用)に応じて毎月の返済額が決められます。
その金額の範囲内であれば、いくら利用しても返済額が変わりません。
といっても借入残高に応じて金利はしっかりとかかります。

1度だけ利用してその後は返済する、というのであれば大きな問題にはなりませんが毎月クレジットカードを利用して、その都度リボ払いにすると、借入残高は大きくなる一方なのに返済額は一定ですので、まったく残高が減らなくなってしまいます。

支払っても支払っても、元本が減るどころは段々と借入残高が増えてしまい、気付いた時には返済不能に陥っていることもあるのです。
支払い明細を見たら支払い額のほとんどが金利となっていて、びっくりした、という話もよく耳にします。

クレジットカードのリボ払いを利用する時は、借金だという意識をもちながら、借入残高をその都度確認してからにしましょう。

消費者金融のリボ払い

基本的にはクレジットカードのリボ払いと同じです。
借入残高に応じて毎月の返済額が変わります。

リボ払いと同様に毎月借入を続けていると、借入残高は増える一方なのに返済が遅々といて進まない状況になってしまいます。
ただし、クレジットカードのリボ払いとは違い、借金をしているという意識がありますし、毎回借入残高の明細が表示されますので、クレジットカードのリボ払いほどの返済地獄に陥ることはありません。

リボルビング払いと分割払いの違いとは?

リボルビング払いのイメージ

ここまで読んでみて、リボルビング払いと分割払いの差がよくわからない、という人も多いかと思います。
リボルビング払いは、借入残高に応じて返済金額が一定です。
それに対して分割払いは、返済回数を指定します。

リボルビング払いで何度もお買い物をした場合でも返済額は変わりません。
3万円、2万円、1万円、6万円、とそれぞれお買い物をしても、毎月の返済額は5,000円のままです。

しかし、分割払いの場合、それぞれを2回払いに指定すると、それぞれの支払いは50,000円+金利、となります。
クレジットカードのリボルビング払いでも消費者金融と同様の金利がかかりますので、返済期間が長ければ長いほど支払う利息も増えてしまいます。

リボルビング払いの甘い罠

クレジットカードのリボルビング払いは、高いポイント還元率や月々の支出が一定であることを前面に押し出し、どの会社も利用を促進しようとしていますよね。
その理由は簡単。
リボ払いの収益性が高いからです。

利息は消費者金融と同程度の15%ほどかかる上に返済期間が長期に及ぶので、莫大な金利を受け取ることができます。
毎月の返済額が一定で家計を把握しやすいというメリットはありますが、それ以上に支払う金利が増えてしまいますので、率先して利用することは辞めましょう。

リボルビング払いの注意点

リボルビング払いを利用する時は、それが借金であること、金利が増え続けていることをしっかりと認識することが大切です。
特にクレジットカードのリボルビング払いは借金という認識がない上に、毎月の返済額がわずかであることが多いので、気付いたら莫大な借入残高になってしまいます。

そうならないためには、毎月のクレジットカードの利用明細をチェックすることが大切です。
そして、できるだけクレジットカードのリボ払いを利用しないようにしましょう。

1,2回のみのショッピングで少額という場合はリボ払いでも問題ありませんが、すべてのショッピングをリボ払いにすることは絶対に避けてください。

リボ払いのなかでも、元金を多く支払う返済方法を知っていますか?

カードローンでは稀な、元金定額返済なものがあります。

そのカードローンは、「JCB CARD LOAN FAITH」。

JCB CARD LOAN FAITH

実質年率 利用限度額 無利息期間
年4.40%~12.50% 50万~500万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短即日 最短即日

おすすめポイント

  • 最短数十秒で振り込み。振込手数料は無料!
  • 全国の金融機関や提携コンビニATMで利用可能
  • 審査完了後、最短即日で借入可能

JCB CARD LOAN FAITHでは、(元金定額+利息)=毎月の返済額となっているので早めに完済できるのです!

残高スライド元金定額払いやボーナス併用払いなど、返済方法を選ぶこともできるので、もしリボ払いに抵抗があるのであれば、検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

リボ払いについて何となくお分かりいただけましたか?
リボルビング払いは便利で使いやすいのですが、その分支払い金利が増えてしまい、トータルで損をすることがあります。

何度もリボルビング払いで買い物をしていると、全然返済が終わらなくなってしまいますので、お金が足りない時は消費者金融のカードローンを分割払いで利用した方がお得になります。

当サイトのおすすめはこちら

アイフル

総合評価

  • 3.7点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.0%~18.0% 最大800万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短18分※ 最短18分※ -

おすすめポイント

  • 初めてなら最大30日間無利息!
  • 会話ロボット「ぽっぽくん」に24時間相談OK!
  • 「1秒診断」で融資可能か簡易チェック可能!

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。


プロミス

総合評価

  • 4.0点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年4.5%~17.8% 最大500万円※ 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短3分 最短3分※

おすすめポイント

  • 金利が年17.8%でほかの消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!
  • カードレスで借入も返済もできる!

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。
※無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。
※18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。