消費者金融は審査に通りやすい?審査に通過しやすくするコツを紹介
金子 賢司

この記事の執筆者

ファイナンシャルプランナー

金子 賢司さん

ホームページ・運用サイト

各消費者金融は審査基準を一切公表しておらず、特定の消費者金融の審査が甘い、通りやすいということはありません。ただし審査でチェックされるポイントは共通しているため、ある程度予想して事前に対策を立てることで審査に通る可能性を高くできます。本記事では、これから消費者金融の利用を検討している人向けに、審査に通過しやすくなるコツについて解説しています。

絶対審査に通る・審査が甘い・ゆるいカードローンはない!

絶対審査に通る・審査が甘い・ゆるいカードローンはない!

カードローンを扱っている金融機関は、利用者が返済不能になると大きな損失を受けることから、利用者の返済能力を確認するために審査を行います。金融機関自身の貸し倒れリスクを招くことになるため、審査が緩い、甘い、絶対通るといったカードローンはありません。各金融機関は一定の基準を基に、厳正な審査を行っています。

仮に「審査が甘い」「審査なし!」「無職OK」などと謳っている業者があったら、闇金やソフト闇金といった違法業者である可能性が高いため注意しましょう。

ただし消費者金融によっては、年収が低い人や専業主婦・アルバイトでも借り入れできる場合があります。そのため、自身にあうカードローンを選び、審査に通りやすくなるポイントを押さえることで、審査通過率を高めることは可能です。

審査に通りやすい消費者金融カードローンの選び方

審査に通りやすい消費者金融カードローンの選び方

自分に合うカードローンを選ぶことで、審査に通りやすくなる場合があります。審査に通過する確率を少しでも高めたい人は、次の点を確認してカードローンを選びましょう。

審査に通過するための消費者金融カードローンの選び方

  • 消費者金融カードローンの種類から選ぶ
  • 審査の対象者に該当するものを選ぶ
  • 審査通過率を確認する

以下、カードローンの選び方について詳しく紹介します。

消費者金融カードローンの種類から選ぶ

消費者金融は大きく、大手消費者金融と中小消費者金融に分類できます。両者に明確な定義があるわけではありませんが、一般的に大手消費者金融とはテレビCMを流しているようなアイフル・アコム・SMBCモビット・プロミス・レイクを指し、それ以外を中小消費者金融とすることが多いです。

大手と中小消費者金融それぞれのメリット・デメリットは以下の通りです。

カードローンの種類 メリット デメリット
大手消費者金融 ・知名度が高く安心感がある
・中小消費者金融に比べると上限金利が低め
・利用限度額が大きい

・スコアリングという審査手法のため、審査が画一的な傾向がある

中小消費者金融 ・審査担当者と相談しながら、個人の事情を考慮した柔軟な審査が期待できる
・知名度は低いが、創業年数の長い老舗企業が多く安心感がある
・大手消費者金融に比べて上限金利が高い
・借入限度額が少ない

大手消費者金融は申込件数も多いため、過去のデータから申込人の信用力を機械的に数値化し、返済能力を判断するスコアリングという手法を採用しています。スコアリングの評価基準は各社異なりますが、一定の点数に満たなければ審査に通過できません。

一方、中小消費者金融は審査担当者と面談や電話でのやり取りが行われる場合が多く、個人の事情を考慮した柔軟な審査が期待できます。ただし、あくまでも審査の基準が大手消費者金融と異なるのであって、審査が甘いわけではない点には注意が必要です。

審査の対象者に該当するものを選ぶ

どの消費者金融も審査基準については一切公開していませんが、年齢制限や専業主婦・アルバイト不可といった利用条件は公開しています。カードローンを申し込む際は、この利用条件を満たしていることが大前提で、満たしていない場合は審査に進めません。

カードローンに申し込む前に、まず自身が審査の対象者に該当しているか、利用条件を確認することが大切です。利用条件は、消費者金融の「商品概要」などから確認ができます。

審査通過率を確認する

申し込む際は、審査通過率を確認しておきましょう。

大手消費者金融は決算情報を通じて、審査通過率を定期的に発表しています。審査通過率とは新規申込者のうち、審査に通過した人の割合を示す数字です。したがって審査通過率が高ければ、申込者のうち審査に通過した割合が高かったことになります。

ただし大手消費者金融はスコアリング形式を採用しているため、審査通過率が高いのは、偶然、評価基準を満たした申込者が多かっただけの可能性もあります。つまり、「審査通過率が高い=審査が緩い、通りやすい」というものではありません。

審査通過率は、あくまでも目安の一つとして考えましょう。

審査に通りやすい大手消費者金融カードローンランキング

審査に通りやすい大手消費者金融カードローンランキング

大手消費者金融の審査通過率ランキング(2024年3月時点)は以下の通りです。

審査通過率が高い消費者金融ランキング

  • 1位:アコム(42.0%)
  • 2位:プロミス(36.9%)
  • 2位:SMBCモビット(36.9%)
  • 4位:アイフル(36.0%)
  • 5位:レイク(32.4%)

※参考:アコム ローン事業新規申込数、新客数及び新規貸付率 2024年3月期 下期SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 月次データ(SMBCモビットとプロミスの連結の数字)、SBI新生銀行 四半期決算情報アイフル 月次データ

以下、大手消費者金融の商品の概要や特徴を、審査通過率が高い順番に紹介していきます。

審査通過率の高い消費者金融は審査が甘い、通りやすいというわけではありませんが、商品選びの参考にしてください。

アコム:審査通過率42.0%

アコムは申し込みから借り入れ・返済までWebで完結するスマホアプリを用意しています。

スマホアプリからの申し込みなら郵送物がなく、来店も不要です。審査は最短20分※で終了し、大手コンビニや銀行ATMと提携しているため、全国どこでも借り入れ・返済が可能です。

また楽天銀行口座なら0時10分から23時49分の間に振り込み依頼をすることで、最短10秒で口座にお金が振り込まれます。

審査時間 最短20分※
利用限度額 最大800万円
借入金利 年3.0%~18.0%
無利息期間 30日間
土日の対応
電話連絡 原則電話での在籍確認はなし

※原則、電話での在籍確認はなく、書面や申告内容での在籍確認が実施されます。

郵送物受け取り なしにすることもできる
Web完結

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムのおすすめポイント

  • 審査通過率が高め
  • 申し込みから借り入れ・返済までWeb完結が可能
  • 楽天銀行なら最短10秒でお金が振り込まれる

アコム

総合評価

  • 3.9点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.0%~18.0% 最大800万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短20分※ 最短20分※

おすすめポイント

  • 最短20分で審査回答!来店不要!※
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人なら最大30日間、金利0円!

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミス:審査通過率36.9%

プロミスは大手消費者金融のなかでは、上限金利が年17.8%とやや低めに設定されています。Web完結ですぐに借り入れが可能で、融資スピードは最短3分※とトップクラスの水準です。

※申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。

インターネット、口座振替、スマホATM、提携コンビニATM・銀行の提携ATMなど多くの借り入れ・返済方法があり、使い勝手のよいサービスといえるでしょう。

また、プロミスの無利息期間は初回借入日の翌日から30日間のため、自身に合ったタイミングで活用開始できます。

※30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要となります。

審査時間 最短3分
利用限度額 最大500万円※

※新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。

借入金利 年4.5%~17.8%
無利息期間 30日間
土日の対応
電話連絡 原則電話での在籍確認はなし

※審査の結果によっては電話による在籍確認が必要となる場合がありますが、申込者の同意を得ずに実施することはありません。

郵送物受け取り なしにすることもできる
Web完結

プロミスのおすすめポイント

  • 最短3分※1で融資可能
  • ほかの大手消費者金融に比べて上限金利が低い
  • 無利息期間が初回借入日の翌日から30日※2

※1.申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。
※2.30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要となります。

プロミス

総合評価

  • 4.0点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年4.5%~17.8% 最大500万円※ 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短3分 最短3分※

おすすめポイント

  • 金利が年17.8%でほかの消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!
  • カードレスで借入も返済もできる!

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。
※無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。
※18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

SMBCモビット:審査通過率36.9%

※審査通過率は、SMBCモビットとプロミスの連結の数字となります。

パソコンやスマートフォン経由での申し込みならWeb完結が可能で、郵送物なしで利用できます。大手コンビニや銀行など全国約12万台の提携ATMネットワークを持っているため、全国どこでも借り入れ・返済可能です。さらに、三井住友銀行ATMなら手数料はかかりません。

また、SMBCモビットの専用アプリ「Myモビ」では、取引履歴の照会や振込キャッシング、登録内容変更など、多くの手続きができるため契約後も便利です。

審査時間 10秒簡易審査
利用限度額 最大800万円
借入金利 年3.0%~18.0%
無利息期間 なし
土日の対応
電話連絡 WEB完結なら原則電話での在籍確認はなし
郵送物受け取り なしにすることもできる
Web完結

SMBCモビットのおすすめポイント

  • 全国約12万台のATMネットワークがある
  • 三井住友銀行ATMが無料で利用できる
  • 契約後も専用アプリでさまざまな手続きができる

SMBCモビット

総合評価

  • 3.5点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.0%~18.0% 最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
10秒簡易審査 最短即日※ -

おすすめポイント

  • 10秒で簡易審査結果がわかる!
  • 本審査の結果が出るまで最短30分!※
  • 最短即日融資が可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アイフル:審査通過率36.0%

アイフルは最短18分※で融資が可能です。申し込みから返済までWeb完結、かつ郵送物なしで利用できます。

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

銀行振込、スマホアプリ、アイフル専用ATM、コンビニや銀行の提携ATMなど多くの借り入れ・返済方法があるため、自身に都合のよい方法を選べます。

また大手コンビニや銀行など全国7万台の提携ATMが利用できるため、利用環境に困ることはほとんどないでしょう。

審査時間 最短18分※

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

利用限度額 最大800万円
借入金利 年3.0%~18.0%
無利息期間 30日間
土日の対応
電話連絡 原則電話での在籍確認はなし
郵送物受け取り なしにすることもできる
Web完結

アイフルのおすすめポイント

  • 最短18分※で融資を受けられる借入方法・返済方法の種類が豊富にある
  • 全国どこでも利用できる

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

アイフル

総合評価

  • 3.7点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.0%~18.0% 最大800万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短18分※ 最短18分※ -

おすすめポイント

  • 初めてなら最大30日間無利息!
  • 会話ロボット「ぽっぽくん」に24時間相談OK!
  • 「1秒診断」で融資可能か簡易チェック可能!

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

レイク:審査通過率32.4%

レイク最大の特徴は「借入額全額の利息が30日間(Web申込の場合は60日間)0円」と「借入額5万円まで180日間利息0円」の無利息期間から選べる点です。どちらの無利息期間を選んでよいかわからないときは、希望借入額や返済回数から、おすすめの無利息期間がすぐに確認できるシミュレーションを活用してみましょう。

※Web以外の無人店舗や電話で申し込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1万円~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

また深夜、休日問わず手数料無料で希望する金融機関にお金が振り込まれます。そのほか、スマホATMや提携ATMからも借り入れが可能で、返済方法も多く用意されているため便利です。

審査時間 申込み後、最短15秒
利用限度額 最大500万円
借入金利 年4.5%~18.0%
無利息期間※ 最長30日間/最長180日間/Web限定で最長60日間
土日の対応
電話連絡 原則電話での在籍確認はなし
※審査の結果によりお電話での確認が必要となる場合があります。
郵送物受け取り なしにすることもできる
Web完結

※Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

レイクのおすすめポイント

  • 複数の無利息期間を用意している※
  • 手数料無料ですぐにお金が振り込まれる

※Web以外の無人店舗や電話で申し込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1万円~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

レイク

総合評価

  • 3.6点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年4.5%~18.0% 最大500万円 60日間
審査時間 融資時間 お試し審査
申込み後、最短15秒 Webなら最短25分融資も可能

おすすめポイント

  • はじめてなら無利息が選べる!
  • 申込み後、最短15秒で審査結果を表示!
  • Webからの申込みで、最短25分融資も可能!(審査結果によってはWebでの契約手続きが行えない場合があります)

※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。初めて利用の場合の当日融資は、8時~22時(毎月第3日曜日は8時~19時)となっております。審査結果によってはWebでの契約手続きが行えない場合があります。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1万円~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

大手の審査に落ちても通る?独自の審査基準があるカードローン

大手の審査に落ちても通る?独自の審査基準があるカードローン

ここからは独自の審査基準を設けているカードローンを紹介します。審査が甘いわけではありませんが、審査基準が異なるため、大手の消費者金融の審査に落ちた人でも審査に通る可能性があります。

アルク:柔軟な審査基準を設けている

アルクは利用目的を問わないフリーローンのほかにも、家電製品を購入するための費用を貸し付ける「家電ローン」や、教育費を貸し付ける「教育ローン」などさまざまな目的別ローンを用意しており、限度額が異なります。なおフリーローンの利用限度額は最大50万円、申込方法はWeb、電話、FAXの3通りです。

アルクは会社が大阪市北区梅田にある消費者金融ですが、来店できる人であれば即日融資も受けられます。またアルクは過去に自己破産している、あるいは複数社から借り入れをしている人でも収支のバランスを基準に判断してもらえる可能性があります。

審査時間 -
利用限度額 最大50万円
借入金利 年10.0%~18.0%
無利息期間 なし
土日の対応
電話連絡 あり
郵送物受け取り 来店可能であればなし
Web完結

アルクのおすすめポイント

  • 3つの申込方法がある
  • 自己破産・複数社から借り入れしていても、収支のバランスから判断してもらえることがある
  • 来店できれば即日融資もできる

アルク

実質年率 利用限度額 無利息期間
年10.0%~18.0% 最大50万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
- - -

LINEポケットマネー:LINEスコアが高いと有利になる

LINEポケットマネーは、LINEスコアの点数を加味した結果が審査に反映されます。したがってLINEスコアの内容次第では、審査に必要なスコアが上がる可能性があります。なおLINEスコアとは、無料通話アプリLINEが提供している、複数の質問から本人の信用を可視化するサービスのことです。

はじめて利用する人は、新規契約日から30日間に発生した利息が後日LINE Pay残高でキャッシュバックされます。毎月の返済はLINE Pay残高や、指定の銀行口座から自動で返済され、100円から手数料無料でいつでも繰上げ返済が可能です。

審査時間 最短10分
利用限度額 最大300万円
借入金利 年3.0%~年18.0%
無利息期間 30日間
土日の対応
電話連絡 あり
郵送物受け取り あり
Web完結
公式サイト LINEポケットマネー

LINEポケットマネーのおすすめポイント

  • 審査にLINEスコアの点数が反映される
  • 実質30日間の無利息期間がある
  • 繰上げ返済が100円から手数料無料でいつでもできる

au PAYスマートローン:学生やバイトも対象になる

au PAY スマートローンはWeb完結で利用可能です。原則、郵送物はなく、審査も最短30分で終了します。さらにau IDに登録している人であれば、契約者情報が自動的に反映されるため、簡単に手続き完了です。

au PAY残高にチャージすることも可能で、au PAYプリペイドカードやau PAYで決済すれば、利用額200円ごとに1Pontaポイントが貯まります。またセブン銀行ATMならカードなしで借り入れ・返済が可能です。

審査時間 最短30分
利用限度額 100万円
借入金利 年2.9%~年18.0%
無利息期間 なし
土日の対応
電話連絡 電話での在籍確認を行う場合がある
郵送物受け取り 原則なし
Web完結

au PAY スマートローンのおすすめポイント

  • 郵送物なし、Web完結で利用できる
  • au PAYプリペイドカードやau PAYで決済すればPontaポイントが貯まる
  • セブン銀行ATMならカードなしで借り入れ・返済ができる

いつも:柔軟な審査基準を設けている

いつもはWeb経由であれば来店の必要がなく、24時間365日いつでも申し込みが可能です。審査は最短45分で終了し、原則郵送物はありません。審査は個人の事情をヒアリングし、前向きな姿勢を大切にしながら柔軟に行われます。

はじめて利用する人であれば、最長60日の無利息期間が利用可能。利用限度額の範囲であれば何度でも借り入れ可能で、銀行口座やネットバンキングにお金が振り込まれます。

審査時間 最短30分
利用限度額 最大500万円
借入金利 年4.8%~18.0%
無利息期間 60日間
土日の対応
電話連絡 原則なし
郵送物受け取り なし
Web完結

いつものおすすめポイント

  • 無利息期間が最長60日間ある
  • 最短30分で審査が完了する
  • 個人の事情に合わせた柔軟な審査をしてもらえる

いつも

実質年率 利用限度額 無利息期間
年4.8%~18.0% 最大500万円 60日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短30分 最短即日 ×

審査に通りやすくするためのポイント

審査に通りやすくするためのポイント

消費者金融のカードローンに通りやすくするためのポイントを紹介します。

審査に通りやすくするためのポイント

  • 勤続年数は長いほうがいい
  • 他社で借りている場合は完済しておく
  • 信用情報に傷がないか確認する
  • 申告内容は正確に提出する
  • 妥当な希望借入額で申し込む

消費者金融を含めた金融機関は、カードローンの審査で主に申込者の返済能力を重視します。返済能力を見るポイントとしては、本人の勤続年数や年収、職業といった属性、現在の他社借入状況、返済状況および過去の金融事故歴などがあげられます。

勤続年数は長い状態で申し込む

金融機関はカードローンの申込者の返済能力を確認する際、安定した収入があるかどうかを重視します。勤続年数が長い人は、大きな収入変動がない可能性が高いため、安定した収入があると判断してもらえる傾向があります。

たとえば、勤続年数1年で年収2,000万円の人と勤続年数10年で年収250万円の人を比較した場合、傾向として審査に通りやすいのは後者です。勤続年数がどれくらいあれば「長い」と判断されるのか明確な基準はありませんが、一般的な最低ラインは1年とされています。

年収を上げようと転職しても、転職直後では審査に不利に働く可能性があるため、借り入れを検討しているときは転職前に申し込むとよいでしょう。

他社で借りている場合は完済しておく

すでに他社からの借り入れが多い人は、融資を受ける際に金融機関から、返済能力について疑念を持たれる可能性があります。新規で借り入れを検討している人は、他社での借入は事前に完済してから申し込みましょう。

信用情報に傷がないか確認する

信用情報に傷がある状態のことを「ブラックリストに載る」と表現されることもありますが、これは過去に長期延滞や債務整理をしたために、その記録が信用情報機関に登録されている状態を指します。

ブラックリストに載った状態でカードローンの審査に通過する可能性は極めて低いでしょう。カードローンの審査に落ちると、その記録も信用情報機関に登録されてしまうため、ブラックリストに載っている期間中は、申し込みも控えたほうがいいかもしれません。

1,000円程度の手数料はかかりますが、自身がブラックリストに載っているかどうかは、CICやJICC、KSCといった信用情報機関で確認できます。

ブラックリストに載った場合は、完済してからおおよそ5年で新たな借り入れができる可能性があります。ただし明確に5年と決まっているわけではないため、都度確認が必要です。

申告内容は正確に提出する

カードローンを申し込むときの申込内容は正確に記載、あるいは入力して提出しましょう。申告内容に誤りがあると、審査の過程で電話による事実確認の必要性が生じたり、虚偽の申告をしたとみなされ審査落ちの原因になったりする可能性があります。

妥当な希望借入額で申し込む

希望借入額が多いと金融機関は貸し倒れリスクが増えるため、審査が厳しくなる傾向があります。借入希望額を申告する際は、過度に大きくせず、本当に必要な希望借入額で申し込みましょう。

まとめ

さまざまな消費者金融がありますが、特定の消費者金融の審査が緩い・通りやすいということはありません。ただし審査でチェックするポイントはある程度どの消費者金融も共通しているため、事前に対策をたてて審査に通過する確率を高くすることは可能です。はじめて消費者金融を利用しようとしている人、新たな借り入れを検討している人は消費者金融の審査の仕組みを理解して、少しでも審査に通過する確率が高まるように本記事の内容を活用してください。