キャッシング・カードローンは、大きく分けて、消費者金融のサービス、信販会社のサービス、銀行のサービスの3つがあります。
そのなかで、消費者金融のサービスの特徴としては、審査スピードや融資スピードが早いことが挙げられます。

審査スピードに関しては、大手の消費者金融なら最短30分で審査回答があります。
また、融資スピードに関しても、即日融資が可能なサービスがあり、今すぐお金を借りたいというニーズに応えてくれます。

また、それ以外にも消費者金融のサービスの特徴として、

  • 独自のノウハウを生かした審査を実施(大手都市銀行カードローンの審査を代行している消費者金融もあり、返済能力の有無を適正に審査できる)
  • 銀行ATMや24時間利用可能なコンビニATMなど、提携ATMの数が多く、利便性が高い
  • 無人契約機の数も多く、審査通過後に無人契約機でカードを受け取ることも可能

が挙げられます。スピードと利便性の面で、消費者金融のサービスは一歩先を行っていると言えるでしょう。

一方で、消費者金融系・信販会社系のキャッシング・カードローンは、銀行カードローンと異なり、総量規制の対象となります。
総量規制とは、お金の借りすぎを防ぐために、借入額を年収の3分の1までとする制限のことです。
消費者金融系のキャッシング・カードローンは、この総量規制の対象となりますので、1つの金融機関で年収の3分の1を超える金額を借りることはもちろん、すでに他の金融機関で年収の3分の1を超えるお金を借りている場合も、新たにお金を借りることはできません。

この借入額には、ローンだけでなく、クレジットカードのキャッシングの借入額も含まれます。
また、収入のない専業主婦や学生の方は、消費者金融系のキャッシング・カードローンを利用することはできません。
こういった方は、銀行カードローンなら利用できる可能性があります。

消費者金融のキャッシング・カードローンとその他の金融機関のキャッシング・カードローンの違いを理解して、返済に困ることのないよう賢く利用しましょう。