*
  1. ナビナビキャッシング トップ>
  2. マネーコラム
  3. > ヤミ金には気をつけよう!ヤミ金と消費者金融は違う

ヤミ金には気をつけよう!ヤミ金と消費者金融は違う

最終更新日:2015年6月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんはヤミ金と呼ばれる貸金業法を順守していない金融業者と正規の消費者金融の区別はついているでしょうか。
消費者金融になじみのない人のなかには、アコムやプロミスといったテレビCMで放送しているような大手の消費者金融のことまでヤミ金と思っている方がいるようです。
消費者金融やそれらの会社のことをわかっている人からすると非常にびっくりすることですが、このような勘違いをしている人もいらっしゃいます。
まずは、ヤミ金と正規の消費者金融の違いをしっかり理解して、ヤミ金に騙されることなく、必要なときは、正規の消費者金融を安心して利用できるようになりましょう。

そもそもヤミ金とは?

img168そもそもヤミ金とは、「闇の金融屋」という意味です。
本来貸金業者は、財務省や都道府県に登録申請を行い、許可を受けないと営業できません。
ヤミ金は、そういった登録申請をせずに、だまって営業をしているのです。
営業を許可されているわけではなく、また貸金業法に則った営業もしていません。

貸金業においては、利息制限法によって、お金を融資するにあたっての上限の金利を定めているのですが、ヤミ金は法律を守りませんので、非常に高い金利でお金を貸しています。
実は、お金を貸すということを事業としてやろうとすると、元手さえあれば比較的簡単で、やろうと思えば誰でも始めることができます。
それだけに、法律によって規制をしないと、モラルが乱れ、過剰な取り立てをしたり、利益を得るために手段を選ばない方法を選択しがちです。
そのため、正規の消費者金融は法律に則り、きちんと営業活動をしている一方で、ヤミ金は法外な金利を要求したり、過剰な取り立てをしたりといった状況が生まれるのです。

ヤミ金の金利はとんでもない!?

前述のように、ヤミ金業者は、貸金業法や利息制限法を守りませんので、金利を自分たちで決めてお金を貸しています。
貸金業法の改正により、正規の消費者金融は、上限の金利が定められ、年利20%以下で営業をしています。
アコムの場合は、上限が実質年率18.0%、プロミスの場合は、上限が実質年率17.8%となっています。

一方、ヤミ金業者は、トイチやトサンと呼ばれるような法外な金利で営業を行っているところもあります。
トイチとは、10日で1割、トサンとは10日で3割という意味です。
年利で表記するなら、トイチは年利360%、トサンは年利1,080%というとんでもない金利になります。
10万円を借りたら、それぞれ支払わないといけない金利は、1年で36万円、108万円という金額になるわけです。
とんでもない数字ですね。

ヤミ金は意外と身近にいる!?

皆さんはヤミ金というと、テレビドラマや漫画の世界のものと思っているかもしれませんが、実は身近に存在しています。
よく街中の公衆電話や電信柱に、「すぐに貸します」という文言とともに、電話番号がかかれているチラシを見たことがないでしょうか。
こういったチラシは、ほぼヤミ金業者のものです。
携帯電話の電話番号が書かれていることから、090金融と呼ばれることもあります。
本来、貸金業者は固定電話の番号で営業活動をしなければならず、携帯電話を掲載しての宣伝広告は認められていません。
貸金業法を守っていないヤミ金業者が、携帯電話で営業をしているのです。

また、街中以外でもヤミ金の広告をインターネットや雑誌で見ることもあります。
このように、ヤミ金は実は非常に身近にいる存在になりつつあります。

専業主婦の方は特にヤミ金に注意しましょう

img167専業主婦の方のなかには、旦那様に内緒でブランド物を買いたいと思ったり、あるいは、家計のやりくりのなかでお金が足りないときに、次の旦那様の給与までのつなぎ資金としてお金を借りることを検討したりといった場合に、消費者金融でお金を借りることを検討することがあるかもしれません。

しかし、残念ながら、収入のない専業主婦の方は、消費者金融でお金を借りることはできません。
なぜなら、貸金業法の改正により、借入額が年収の3分の1までという総量規制が導入されたため、収入のない専業主婦への貸付が消費者金融はできなくなってしまったのです。

ヤミ金業者のなかはそういった背景もあり、専業主婦へ積極的にアプローチしているようなところもあるようです。
消費者金融になじみのない主婦の方は、そういったヤミ金でついついお金を借りていしまい、あまりに高い金利のために、返済ができなくなるといったトラブルに巻き込まれることもあるようです。
十分に注意しましょう。

それでは、専業主婦の方は、どうすればよいのでしょうか。
専業主婦の方は、消費者金融では原則お金の借入ができません。
しかし、銀行カードローンのなかには、配偶者に安定した収入があることを条件に専業主婦の方にも、融資が可能なカードローンがあります。

参考:主婦でもお金を借りられるカードローン

こういった銀行カードローンをまず検討してみると良いでしょう。

まとめ

ヤミ金業者は意外と皆さんの身近にいます。
それだけ、トラブルに巻き込まれる可能性がどこにでも潜んでいるということです。
きちんとヤミ金と正規の消費者金融の違いを理解して、トラブルに巻き込まれないようにしましょう。

ヤミ金と正規の消費者金融を区別する方法としては、きちんと財務局の登録番号を見るという方法があります。
正規の消費者金融は、財務省や都道府県に登録申請を行っており、許可が出ると登録番号が付与されます。
こちらの番号がきちんとあるかが、まずはヤミ金と区別する方法です。
ただ、悪質なヤミ金の中には、嘘の登録番号を掲載したり、詐称したりする場合があります。
こういった場合は、見分けるのが大変です。
インターネットで財務局のホームページを見て、きちんと登録されている業者か見なければなりません。

そういった場合には、是非ナビナビキャッシングを利用ください。
ナビナビキャッシングで紹介している金融機関は、すべて正規の法律を順守している金融機関になりますので、安心してご利用ください。

ヤミ金業者に騙されてトラブルに巻き込まれることなく、賢くお金を借りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加