2社目、3社目のカードローンに申し込んでも審査に通る基準ってわからないですよね。

結論からいうと、借りたい金額によって審査に通るか通らないかが大きく変わります。

借りたい金額が年収の3分の1以内であれば2社、3社といった複数のカードローンでも審査に通る可能性があるのは事実。

ただし、複数のカードローンで借入すると返済日の管理が複雑になるだけでなく、毎月の返済額が多くなるというデメリットが出てきます。

それだけでなく、たとえ年収の3分の1以内での借入を希望していても審査に落ちる可能性は十分にあります

審査に落ちて無駄な時間を過ごさないように、この記事では複数のカードローンからお金を借りる方法について紹介

注意点をしっかりと確認してから複数のカードローンへの申込みを検討してください。

総量規制内であれば2社目・3社目など複数のカードローンで借り入れできる

冒頭でお伝えしたとおり、年収の3分の1以内であれば2社・3社と複数のカードローン会社から借入することができます。

年収の3分の1以内といった縛りがあるのは「総量規制」があるためです。

総量規制とは貸金業法の法律であり、「貸金業者は借り手の年収の3分の1までしか融資してはいけない」というものになります。

総量規制内であれば2社目・3社目など複数のカードローンで借り入れできる

例えば、年収が300万円の人なら、その3分の1の100万円が上限になるということですね。

そのため、1社目で借りている金額が30万円であれば、2社目では70万円円まで借りることが可能です。

このように、総量規制の年収の3分の1以内であれば、複数社のカードローンを借入することができるのです。

ただし、複数のカードローンで借りる前には確認しておくべきことがあります。

次章で詳しく解説していきますのでこのままお読みください。

総量規制の対象は貸金業者だけ

総量規制の対象は「消費者金融」や「信販会社」、「クレジット会社(クレジットカードのキャッシング枠)」といった貸金業者だけになります。

銀行カードローンは「銀行法」が適応になるため、対象外です。

とはいえ、銀行カードローンも独自ルールで借入上限を定めており、その金額は年収の3分の1以内であるとされるため、年収の3分の1超の借入は難しいと思っておきましょう。

2社目・3社目など複数のカードローンで借入するときのデメリット

前章で総量規制内であれば複数のカードローンで借入できるとお伝えしました。

しかし、複数のカードローンで借入する前に以下のデメリットを確認しておくのが大事です。

複数のカードローンで借入するときのデメリット

上記を理解しておかないと、返済に苦労してしまうようなことがあるため、しっかりと確認しておいてください。

複数の返済日を管理しなければならない

カードローンの返済日は各社によって違うため、複数社で借入すると返済日がバラバラになってしまうことがあります。

カードローン会社 返済日
プロミス 5日・15日・25日・末日
アイフル 35日ごと・毎月指定日
口座振替:6日・23日・27日
みずほ銀行カードローン 10日
楽天銀行スーパーローン 1日・12日・20日・27日※

※27日は楽天銀行口座を引き落とし口座に指定した場合のみ選択できます。

借入先の返済日が異なると、「うっかり忘れて延滞した・・・」といった原因になることもあるため、注意しないといけません。

毎月の返済額が多くなる

借入先が多くなるほど、返済額が多くなる傾向にあります。

例えば、以下のように「プロミス」、「SMBCモビット」、「レイクALSA」でそれぞれ10万円ずつ(合計30万円)借入したとしましょう。

カードローン会社 借入金額 毎月の返済額
プロミス 10万円 4,000円
SMBCモビット 10万円 4,000円
レイクALSA 10万円 4,000円
合計 30万円 12,000円

上記の場合、毎月の返済額は合計12,000円です。

これがプロミス1社で30万円を借入した場合であれば、返済額は11,000円になります。

このように複数社で借入すると、1社で借りた場合に比べて毎月の返済額が多くなる可能性があるのです。

カードローンの返済については、「カードローンの返済方法・返済日・返済額まとめ!早く完済するためのコツも紹介」でも詳しく解説していますので合わせてお読みください。

複数のカードローン審査に申し込むときの注意点

審査落ちしたときの保険目的で同時に複数社に申し込むのは止めましょう。

申込ブラック」という状態になり、審査落ちの原因になることがあるからです。

カードローンの審査に申し込みしたという情報は、「信用情報」に6ヶ月間記録されます。

カードローンの審査時には必ず信用情報を確認されますので、同時に複数社に申し込みしたことがカードローン会社に伝わってしまうのです。

その結果、「よほどお金に困っている人」=「返済能力がない人」と捉えられることあり、審査に悪影響が出ることもあります。

「何件までなら審査に影響しないの?」という疑問もあるかもしれませんが、それは断言できません。

「同時に何件までなら申し込んでもOK」といった情報はどのカードローン会社でも明記がないためです。

このため、安全策をとって申し込むのは本命の1社のみにしておきましょう。

カードローン審査の流れと審査落ちの特徴から対策を徹底解説」では、カードローンの審査について詳しくお伝えしていますので、審査に申込前に確認しておいてください。

複数のカードローンをまとめる「おまとめローン」なら総量規制以上に借入できる

すでに複数のカードローンで借入しており、「毎月の返済日や返済額がバラバラで大変」「毎月の返済額が多くてキツイ」という人もいるでしょう。

そうした場合、「おまとめローン」を検討してみましょう。

おまとめローンとは、以下の図のように複数社の借入を一本化するためのローンです。

複数のカードローンをまとめる「おまとめローン」なら総量規制以上に借入できる

例えば、A・B・Cの3社で借入しているお金をD社でひとつにできるということですね。

そのため、毎月の返済日や返済額がひとつになり、毎月の返済額も複数社で借入している場合よりも減ることもあります。

また、おまとめローンは「総量規制の例外」であるため、消費者金融のような貸金業者でも年収の3分の1超の借入も可能です。

このようにおまとめローンなら複数社の借金を一本化できますので、すでに複数のカードローンで借入している人には最適な場合もあります。

ただし、おまとめローンにはデメリットもありますので、「おまとめローンのデメリットは?楽な借金返済で背負うリスクを徹底解説!」でしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

カードローンを複数社から借入してはいけないという法律はないため、複数のカードローン社を利用可能です。

ただし、以下の3つには注意してください。

要チェック!

  • 借入額が「年収の3分の1以内(総量規制の範囲内)」である
  • 返済日や返済額が各社でバラバラになることがある
  • 毎月返済額が1社のときよりも多くなることがある

また、審査に申し込むときは同時に複数社に申し込むのは止めましょう。

「申込ブラック」になり、審査落ちの原因になることがあるからです。

このような注意点に気をつけておき、新たな会社の審査に申し込みするようにしてください。

なお、すでに複数社で借入しており返済が苦しい人は「おまとめローン」を検討してみるのがおすすめです。

そのほかのカードローンの詳細については「【誰でもわかる】カードローンとは」で解説しています。