総量規制対象外のカードローンは審査甘い?銀行での即日融資の可否とは

消費者金融会社が取り扱うカードローンと、銀行が取り扱うカードローンの違いはどのような点なのか、ご存知の方はとても少ないのではないでしょうか。

消費者金融のカードローンと銀行カードローンで大きく違うポイントは対象となる法律が違うことで、銀行カードローンは貸金業法の総量規制対象外となります。

今回は総量規制以外のメリットにも着目し、「銀行カードローンの特徴」や「銀行カードローンのおすすめはどれか」など、さまざまな視点から詳しく解説します。

総量規制対象外とは

総量規制対象外とは、年収1/3以上の融資も受けられることを意味しています。

総量規制は、貸金業者の過度な貸付によって多重債務・自己破産に陥らないように、貸付上限を定めた規制です。

そのため良くも悪くも総量規制対象外となるローンであれば、年収1/3以上の融資を受けられることになります。

しかし、年収の1/3以上の借金ができることで、返済困難になるリスクも高まります。

総量規制対象外こそ審査甘いはない

総量規制は貸金業者による過剰貸付、多重債務者に陥るのを防ぐ目的で作られているため、総量規制対象外だからと審査が甘いということはありません。

年収の3分の1を超える新たな借入は難しいと考えておくべきでしょう。

総量規制の例外・除外となる貸付もありますが、あくまで利用者の利益保護に繋がる範囲での貸付に限られています。

お金を貸し出す側としても高額融資は貸倒リスクもあるため、きちんと返済してもらえる範囲で融資するように審査を慎重にしていると考えられるでしょう。

総量規制対象外の銀行カードローン

銀行カードローンには銀行法が適用されるため、貸金業法に含まれている総量規制対象外となります。
したがって、総量規制オーバーでも借りれる銀行は理論上は存在することになり、年収の3分の1以上の借り入れが可能になることもあるでしょう。

例えば、大手・中小に限らず消費者金融といった貸金業者からの合計借入額は年収3分の1が上限です。
しかし、銀行カードローンや銀行のフリーローンであれば年収の3分の1を超える新たな借入による融資も法律上は問題ないということです。

とはいえ、総量規制の上限額を超えている場合、審査内容はとても厳しくなることが考えられます。
希望融資額に満たない審査結果になったり、そもそも審査通過できないということもありうるでしょう。

総量規制対象外カードローンで即日融資は難しい

消費者金融カードローンなら即日融資にも対応してもらえますが、総量規制対象外の銀行カードローンでは即日融資を受けることができません。

2018年1月には警察庁データベースへの情報照会義務付けがスタートしたことで、審査回答までに時間がかかるようになったためです。
また、貸しすぎによる債務整理者や自己破産者が増えたことが問題視されていました。

日本弁護士連合会から銀行に対して、2017年4月に自主規制の要請が入るなど、銀行カードローンの審査ルールが大きく変わったタイミングがありました。

結果的に、元々は銀行でも即日融資に対応していましたが、現在では即日融資を受けることはできなくなっています。

あらためて銀行カードローンと消費者金融カードローンを比較し、銀行カードローンのメリットとデメリットを簡単にまとめると以下の通りです。

メリット
  • 総量規制の対象にならず、借入限度額が大きい
  • 消費者金融と比べて金利が低い
  • 銀行のブランドイメージがあり、安心して利用できる
  • 提携先ATMが多い
デメリット
  • 審査に時間がかかりやすい
  • 審査可能な時間帯が短い
  • 審査基準が厳しい傾向にある
  • 土日祝日などは審査に対応できない場合がある

上記をご覧いただくとわかりやすいのですが、銀行カードローンのデメリットは審査に関係するものが多いです。

さらに、全銀行のカードローンが当日融資に対応していません。

つまり、銀行カードローンを選ぶ際はお金を手に入れたいときまでに余裕を持って申し込む必要がある、ということです。

年収の3分の1を超える新たな借入を検討する前に

借入理由にもよりますが、年収の1/3を超えるような借金を背負うことは、その後の生活が苦しくなることを想定しておく必要があるでしょう。
目先のお金の問題は解消するかもしれませんが、借りたお金を完済してはじめて解決です。

どうしても年収1/3以上を借りたいときは銀行カードローンの利用を検討することになりますが、審査は決して甘いものではありません。

そのため審査落ちして他の借入先をすぐに探してしまうかもしれません。

しかし、新たな借入先が闇金などだった場合、一度でも借りてしまうと法外な金利でさらに返済困難になる可能性が高くなってしまいます。

もし借入理由が、娯楽費や今ある借金の返済にあてるなどの目的なら新たな借入は慎重に判断する必要があります。

緊急性の高い借入などでなければ、まず総量規制対象外となる「おまとめローン」で今ある借金の完済に向けて動くことをおすすめします。

まとめ

銀行カードローンは総量規制の対象外であること以外にも、沢山のメリットがあることがお分かりいただけたでしょうか。

今回取り上げた銀行カードローンは利便性が高く、緊急時でも心強い味方になるでしょう。

カードローン選びの際にご参考にして頂ければ幸いです。

▼低金利なカードローンついて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。