貸金事業者からお金を借りる際には自分の年収に留意しないといけないと聞いたことはありませんか?

カードローンは主に個人の借り手に対して無担保で資金を貸し付けるものですが、借金をするわけですから貸し手となる側には貸し倒れのリスクが存在します。

もし、あなたが誰かにお金を貸すようなことになった場合、その相手がキチンと返済してくれるかどうかを考えますよね。

つまり、その人に「信用」というものがあるかどうかです。

そして、その信用は返済のための資金を返済日までに準備できるかどうか、ということを示します。

具体的に言えば「今はお金がないから借りるけど、給料日にはしっかりお金が確保できる」という状態であれば「信用有り」ということです。

貸し付けを行う事業者はもちろん独自に審査して返済事故が起こらないようにはしていますが、貸せば貸すほどに儲かることも事実なので、過剰な貸し付けが行われることもあります。

そして、そのために借金で苦しむ人が大勢出てしまったため、国がある制度を設けました。

それは、年収によって貸し付けられる金額を規制する「総量規制」という制度です。

この総量規制によって、一部のカードローンで借りられる額は年収に左右されることになったのです。

総量規制を詳しく知ろう

カードローンのうち、アコムアイフルなどの消費者金融、いわゆるサラ金から貸付を受ける際に総量規制が入るので、あなたの年収によって借りられる限度額が変わります。

簡単に言えば、あなたの年収の3分の1までの金額しか借りることができません。

消費者金融事業者は一社だけでなく複数社ありますが、複数から借りている場合はそれら全てを含んでのことです。

あなたの年収が300万円であれば100万円までが借入可能となります。

例えば、A社からすでに60万円借りていれば、他の事業者からは40万円しか借りられません。

なぜ3分の1なのかというと、自分に入ってくる収入から返済額を引いた残りが少なくても3分の2ほど残っていないと、人として十分な生活ができないということが国の統計的な調査で分かったからです。

そのためそれ以上の貸付を法律の力で規制したわけですね。

このように消費者金融からカードローンでお金を借りる場合はあなたの年収額によって借り受け限度額が変わってきます。

しかし、この総量規制が適用されないカードローンもあります。

総量規制がかからないカードローンとは?

カードローンで年収額が考慮される総量規制がかかるのは、上記に述べたような消費者金融からの借り受けの場合です。

これらの事業者は「貸金業者」というくくりにされていて、利用者にお金を貸しつけて利子を取ることを生業とする事業者のことです。

事業者のHPには必ず登録番号が載っています。

営業所が単一都道府県のみの場合は都道府県知事の登録番号、複数都道府県にまたがって営業する場合は財務局登録の番号が載っています。

これらの事業者が総量規制の対象になります。

カードローンにはもう一つ、総量規制のないものがあります。

それが「銀行カードローン」です。

銀行も個人客に対して融資をしますが、彼らは「貸金事業者」ではないので規制の対象から外されています。

何故かというと、銀行というのは個人への貸付も行いますが、それは事業の一部であって生業ではないから、利子目的の無理な貸し付けを行う危険が低いと判断されるからです。

また融資の際の審査も十分に行われることが期待できるので、これも利用者の生活を苦しめることはないだろうと判断された理由です。

銀行カードローンのメリットは以下のことなどが挙げられます。

メリット
  • 総量規制がない
  • 金利が安い
  • 専業主婦でも利用可能

専業主婦で収入が無いと「年収の3分の1」の要件が満たせませんから、貸金業者のカードローンは利用できません。

しかし、銀行なら配偶者に十分な返済能力があって銀行の審査に通れば借りることができる銀行もあります。

貸金業者のカードローンと銀行カードローン、どっちから借りるのが良い?

カードローンを初めて利用するならば、まずは年収要件がかからない銀行系の利用を検討した方が良いでしょう。

理由は貸金業者よりも金利が低いのと、審査が丁寧だからです。

審査が丁寧ということは反面、借りにくいということにもなりますが、貸し付けることで生計を立てる貸金業者と違って安全な貸し付け限度額を考えてくれるので、生計のバランスを崩す危険が低いのです。

貸金業者は銀行カードローンの審査に落ちてしまった人のようなリスクの高い人も相手にしているので金利も高く、また銀行ほど利用者の生計のバランスなどを親身に考えてくれることはあまりありません。

銀行というと少し敷居が高く感じるかもしれませんが、最近ではネットバンクの形態をとる銀行が多いので、申込みから契約まで店舗に出向かずに終えることも可能です。

審査に必要な書類等のやり取りは郵送で必要ですが、自宅で手続きができるのはとても便利ですね。