個人事業主や中小企業の経営者なら、事業拡大のためにまとまった資金が必要になったり、一時的に資金繰りに困ったりというようなケースがあります。

そのような場合に、個人事業主や経営者をサポートするためのローンが事業者ローンやビジネスローンと呼ばれるローンです。

おすすめ画像

アイフルビジネスファイナンス

総合評価

  • -
実質年率 利用限度額 無利息期間
3.10%~18.0% 1,000万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短翌日※ 最短翌日※ ×

おすすめポイント

  • 法人・個人事業主さま専用
  • まとまった資金繰りの際に!
  • 無担保・無保証で自由に借り入れ!

※申込時間帯によっては対応できない場合あり

個人事業主向けローン・キャッシングの特徴

一般的な個人向けのキャッシングやカードローンは、公務員や会社員のような安定した給与のある方をターゲットにしています。個人事業主のように給与の安定していない方は、審査通過が難しくなります。

また、通常の個人向けのキャッシング・カードローンは、事業性資金には利用することができません。

しかし、事業者ローン・ビジネスローンは、事業に関するお金でも借りることができます。

そのため、個人事業主や経営者の方は、ビジネスローン・事業者ローンを検討すると良いでしょう。

メリット
  • 融資までにかかる時間が短い
  • 銀行に比べると、審査通過率が高い
  • 担保・保証人が不要
デメリット
  • 銀行融資に比べると、金利が高い

急ぎの資金でない場合や大きな金額の借入の場合は、銀行融資のほうが望ましいと言えます。

個人事業主向けローン・キャッシングと総量規制

その他にも、個人事業主向けのローンには、総量規制の対象外という特徴があります。

個人の方が消費者金融などの貸金業者からお金を借りる場合、借入額は年収の3分の1を超えて借りることができません。これを「総量規制」と呼びます。

しかし、個人事業主向けのローンは、下記の条件を満たせば、総量規制の対象外となり、年収の3分の1を超えて借りることができます。

  • 資金使途が事業資金であること
  • 直近の確定申告書および所定の事業計画・収支計画・資金計画を提出すること
  • 借入金額が返済能力を超えない範囲であると認められること

なお、もしどうしても今日中に必要といったケースでお金の使い道が「事業性資金でない」なら、消費者金融の個人向けカードローンを検討すると良いでしょう。

個人事業主の場合は審査基準がやや厳しくなる傾向にありますが、大手消費者金融であれば即日融資が可能です。

消費者金融の個人向けカードローンは自動契約機の営業時間が長いため、忙しいかたにもおすすめできます。