ビジネスローンの審査ポイントを分かりやすく解説「ビジネスローンを利用したいけど、審査に通るのかが不安…」という方、とても多いのではないでしょうか。もちろん、ビジネスローンを利用したい方の中には、既に資金難に陥ってしまっている方もいらっしゃることでしょう。

しかし、ここで気になるのは「ビジネスローンの審査ポイントって、どのような所を見ているのか」ということです。

今回は、ビジネスローンの審査ポイントを分かりやすく解説します。

ビジネスローンの審査に必要な書類

ビジネスローンはその名の通り事業者のみを対象としたローンのことを指します。したがって、一般の方が利用できるローンとは異なるポイントがいくつか存在します。

大まかにまとめると

  • 事業を営んでいる方のみが対象なため、自営業でも審査で不利にならない
  • 金利が少し高め
  • 審査時に確定申告書、決算書、事業計画書などの書類が必要
  • 一定の条件を満たすことで、総量規制の対象外となる

などの点が一般のローンと異なります。

特にビジネスローンの審査ポイントとして覚えておいて頂きたいのが、
以下の書類を提出する必要があることです。

ビジネスローンの審査時に提出する必要がある書類例
・確定申告書
・事業計画書
・収支計画書
・資金計画書

ビジネスローンは先述したように、総量規制の対象となりません。

したがって、年収の3分の1以上の資金を借り入れすることが可能です。

ただし、あくまでも利用者の返済能力を判断した上で融資が行われます。では、どのようなポイントで返済能力を判断されるのかというと、上記表でまとめた書類の内容です。

事業を営んでいる場合、今後の事業計画は必ず立てておかなければなりませんが、ビジネスローンの審査においても事業計画は重要視されます。

まず、確定申告書の内容は必ずチェックされます。

中でも、「収支内訳書」という、事業の必要経費金額が記載されている書類は非常に重要な審査ポイントです。

なぜなら、いくら莫大な売上金額があったとしても、必要経費で赤字になっていたのであれば貸付にリスクが伴うからです。

つまり、ビジネスローンを取り扱う会社としては「確実に返済してもらえそうな事業者と取引したい」ということです。

ただし、赤字所得だからと言ってすぐさま審査に落ちるのかというと、実はそうでも無いのです。例えば、事業の将来性に期待ができる状態であれば、現時点の所得が少ない状態であったとしても融資してもらえる可能性があります。

逆に、事業の売上が一定の基準以上であっても、今後の見通しが立たないケースは審査に落ちてしまう可能性もあるのです。

ビジネスローンの審査ポイントをクリアするためには

先述したようにビジネスローンの審査ポイントは利用者の信用情報だけでは無いということです。したがって、工夫次第で審査を有利に進めることも可能だということです。

審査で重要視される具体的なポイントは以下となっています。

ビジネスローンを総量規制の例外として利用するための条件

  • 利用者の信用情報に事故情報や延滞記録はないか
  • 年収はどの程度あるのか
  • 業歴は何年目か
  • 確定申告書の内容が不審なものではないか
  • 事業計画書に記載された内容を踏まえ、利用者の返済能力を超えた貸付ではないか
  • 資金計画書の内容は適切なものとなっているのか

記のうち、ビジネスローンを利用する際に特に重要な審査ポイントとなる項目は、「業歴の年数」と「事業計画書、資金計画書の内容」です。ビジネスローンは、各社申し込み要件を設けています。

例えば、業歴2年以上のみが対象だったり、個人事業主のみが対象だったりするケースもあります。したがって、利用するビジネスローンの申し込み要件に満たない場合は、審査を受けることができません。

さらに、事業計画書や資金計画書の内容がしっかりと記載されているかどうか、も非常に重要なポイントです。「事業計画書を書くのが面倒だから、適当に書こう」というように、いい加減な内容を記載すると審査に落ちてしまう可能性は高くなってしまいます。

つまり、事業計画書や資金計画書を工夫することで、ビジネスローンの審査ポイントをクリアできる可能性は上がる、ということです。

事前に事業情報をしっかりと収集し、できる限り詳細に書くようにしましょう。

まとめ

ビジネスローンの審査ポイントは、「誠実に返済が行われそうかどうか」にかかっています。つまり、申し込み内容を誠実に記入することも審査結果に影響するということです。

ビジネスローンを申し込みする前にしっかりと審査ポイントを把握しておきましょう。