1. ナビナビキャッシング トップ
  2. ビジネスローン
  3. 【ビジネスローン】審査に通りやすいポイントや必要書類を分かりやすく解説

  • はい
  • いいえ

【ビジネスローン】審査に通りやすいポイントや必要書類を分かりやすく解説

最終更新日:

ビジネスローンの審査ポイントを分かりやすく解説「ビジネスローンを利用したいけど、審査に通るのかが不安…」という方、とても多いのではないでしょうか。もちろん、ビジネスローンを利用したい方の中には、既に資金難に陥ってしまっている方もいらっしゃることでしょう。

しかし、ここで気になるのは「ビジネスローンの審査ポイントって、どのような所を見ているのか」ということです。

今回は、ビジネスローンの審査ポイントを分かりやすく解説します。

ビジネスローンの審査に必要な書類

ビジネスローンはその名の通り事業者のみを対象としたローンのことを指します。したがって、一般の方が利用できるローンとは異なるポイントがいくつか存在します。

大まかにまとめると、

・事業を営んでいる方のみが対象なため、自営業でも審査で不利にならない
・金利が少し高め
・審査時に確定申告書、決算書、事業計画書などの書類が必要
・一定の条件を満たすことで、総量規制の対象外となる

などの点が一般のローンと異なります。

特にビジネスローンの審査ポイントとして覚えておいて頂きたいのが、
以下の書類を提出する必要があることです。

ビジネスローンの審査時に提出する必要がある書類例
確定申告書
事業計画書
収支計画書
資金計画書

ビジネスローンは先述したように、総量規制の対象となりません。

したがって、年収の3分の1以上の資金を借り入れすることが可能です。

ただし、あくまでも利用者の返済能力を判断した上で融資が行われます。では、どのようなポイントで返済能力を判断されるのかというと、上記表でまとめた書類の内容です。

事業を営んでいる場合、今後の事業計画は必ず立てておかなければなりませんが、ビジネスローンの審査においても事業計画は重要視されます。

まず、確定申告書の内容は必ずチェックされます。

中でも、「収支内訳書」という、事業の必要経費金額が記載されている書類は非常に重要な審査ポイントです。

なぜなら、いくら莫大な売上金額があったとしても、必要経費で赤字になっていたのであれば貸付にリスクが伴うからです。

つまり、ビジネスローンを取り扱う会社としては「確実に返済してもらえそうな事業者と取引したい」ということです。

ただし、赤字所得だからと言ってすぐさま審査に落ちるのかというと、実はそうでも無いのです。例えば、事業の将来性に期待ができる状態であれば、現時点の所得が少ない状態であったとしても融資してもらえる可能性があります。

逆に、事業の売上が一定の基準以上であっても、今後の見通しが立たないケースは審査に落ちてしまう可能性もあるのです。

ビジネスローンの審査ポイントをクリアするためには

先述したようにビジネスローンの審査ポイントは利用者の信用情報だけでは無いということです。したがって、工夫次第で審査を有利に進めることも可能だということです。

審査で重要視される具体的なポイントは以下となっています。

ビジネスローンを総量規制の例外として利用するための条件
利用者の信用情報に事故情報や延滞記録はないか
年収はどの程度あるのか
業歴は何年目か
確定申告書の内容が不審なものではないか
事業計画書に記載された内容を踏まえ、利用者の返済能力を超えた貸付ではないか
資金計画書の内容は適切なものとなっているのか

記のうち、ビジネスローンを利用する際に特に重要な審査ポイントとなる項目は、「業歴の年数」と「事業計画書、資金計画書の内容」です。ビジネスローンは、各社申し込み要件を設けています。

例えば、業歴2年以上のみが対象だったり、個人事業主のみが対象だったりするケースもあります。したがって、利用するビジネスローンの申し込み要件に満たない場合は、審査を受けることができません。

さらに、事業計画書や資金計画書の内容がしっかりと記載されているかどうか、も非常に重要なポイントです。「事業計画書を書くのが面倒だから、適当に書こう」というように、いい加減な内容を記載すると審査に落ちてしまう可能性は高くなってしまいます。

つまり、事業計画書や資金計画書を工夫することで、ビジネスローンの審査ポイントをクリアできる可能性は上がる、ということです。

事前に事業情報をしっかりと収集し、できる限り詳細に書くようにしましょう。

まとめ

ビジネスローンの審査ポイントは、「誠実に返済が行われそうかどうか」にかかっています。つまり、申し込み内容を誠実に記入することも審査結果に影響するということです。

ビジネスローンを申し込みする前にしっかりと審査ポイントを把握しておきましょう。

関連記事

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す

キャッシングするときの目的は人それぞれ。即日キャッシングしたい人や個人事業主向けのローンなど目的がはっきりしている方はこちらからキャッシング・カードローンを選んでみましょう!

  • 基本情報

株式会社エイチームフィナジーは「世の中からお金の不安を解消し、より人生が豊かになる社会を実現する」を目的として、保険代理店業務を筆頭に、金融商品を対象としたメディア運営を行っております。
保険代理店業務では、各種法律・保険業法・原則等に基づきながら、常にお客さま本位で考え、誠実かつ真摯に向き合うべく、「保険募集業における勧誘方針、及び業務運営方針(FD宣言)」を定めており、当方針に基づいた保険サービスの提供メディアは、「ナビナビ保険」となります。【生命保険協会登録番号:10EJTAF000977】
その他の金融商品を対象としたメディア運営では、専門知識がないと理解が難しい金融商品に対し、簡潔にわかりやすい情報・知識の提供、及び商品の比較を行い、有益なサービス提供を心掛けております。

【みずほ銀行カードローンについて】
※みずほ銀行住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
【レイクALSAの貸付条件について】
※1.【レイクALSAの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、利用いただけます。※お取引期間中に満71歳になられた時点で、新たなご融資を停止させていただきます。【融資額】1万円〜500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%〜18.0%※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。【利用対象】満20歳〜70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・返済回数】最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関(日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター)契約には所定の審査があります。2018年4月現在。商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)貸金業者の登録番号:(関東財務局長(9) 第01024号)
東証一部上場

当サイト「ナビナビキャッシング」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)の グループ企業です。
証券コード:3662

© 2013 Ateam Finergy Inc.