*
  1. ナビナビキャッシング トップ>
  2. 銀行カードローンとは?銀行ならではの特徴とメリット・デメリットを解説!
  3. > 銀行カードローンが2018年より即日融資が不可能に!具体的な流れとは

銀行カードローンが2018年より即日融資が不可能に!具体的な流れとは

最終更新日:2018年4月12日

2018年より、「銀行が取り扱うカードローン」は、すべて即日融資が不可能になりました。

以前は即日審査、即日融資が可能な銀行カードローンがありました。
しかし、2018年以降は残念ながら状況が変わっています。

この記事では、銀行カードローンの「融資までにかかる時間」について徹底解説しています。

  • なぜ即日融資が不可能になったのか?回避策はある?
  • 最短で融資を受けるための方法
  • 土日でも審査は可能?
  • 口座開設不要で利用開始が早い銀行カードローン

これらの内容が1つでも気になった人は、最後まで読んでみてください。

「どうしても今日中に融資してもらわないといけない!」という人に向けて、即日融資が可能な消費者金融も紹介しています。

銀行カードローンが2018年より即日融資が不可能に!具体的な流れとは

銀行カードローンは即日融資・借入れが不可能になった

2018年より、銀行カードローンは即日融資ができなくなりました。
それは、暴力団関係者などへの融資を防ぐための仕組みが導入されたからです。

銀行は融資申し込み者の情報を警察庁データベースに照会することで、暴力団関係者など反社会的勢力に該当しないかどうか、の確認を徹底することが義務付けられました。
この警察庁データベースへの照会が審査に加えられたことで、即日融資ができなくなってしまったのです。

審査の流れはこのように変わっています。

▼ 従来

  1. 審査申込
  2. 銀行の審査
  3. 融資

▼2018年以降

  1. 審査申込
  2. 警察のデータベースに照会
  3. 銀行の審査
  4. 融資

警察データベースからの回答は、最短でも翌日となります。
そのため即日融資はできなくなってしまいました。

自動契約機でのカード発行はどうなったの?

大手銀行カードローンでは、自動契約機を設置しています。
2017年以前は、数十分で審査、カード発行され、すぐに利用が可能でした。
2018年以降はどうなったのでしょうか?

三菱UFJ銀行バンクイックでは、これまでと同様に申し込んだその場でカードは発行されます。
しかし、実際に融資を受けられるのは翌営業日以降、審査に通ってからとなります。

土日も審査に対応している銀行カードローンはある?

銀行は平日しか営業していないイメージがありますが、以下のカードローンの審査は土日でも行っています。

  • 三菱UFJ銀行「バンクイック」

これら大手銀行カードローンでは、土日でも審査はしていることを確認しています。ただし、警視庁データベースの照合結果がわかるのは、翌営業日以降となります。その後、銀行の審査に入る流れとなります。

▶銀行カードローンについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

現在でも消費者金融は即日融資が可能

銀行カードローンは即日融資が不可能になりましたが、消費者金融であれば2018年以降も即日融資が可能です。

警視庁のデータベースに申込者情報を照会しなければいけなくなったのは、銀行のみです。
消費者金融やクレジットカード会社は、これまでのように自社内で審査が完結します。

そのためアコム、プロミス、アイフルのような消費者金融は、即日融資が可能です。

少しでもスムーズに融資を受けるポイント

少しでもスムーズに融資を受けるポイント

銀行の即日審査が不可能になってしまった以上は、これまでよりスムーズに融資を受けられるように準備しておきたいところです。

審査から融資までが早く進むためのポイントを抑えておきましょう。

在籍確認が確実にとれるようにしておく

銀行カードローンは審査時に在籍確認を行います。
在籍確認とは、申込者が本当に職場で働いているかどうかを確認することで、銀行が職場へ電話をかけることで行われます。

もし土日などに職場に電話がつながらなければ、在籍確認はできません。
その時点で審査はストップしてしまいます。
確実に在籍確認の電話が受けられる日に審査の申し込みをしましょう。

必要書類の不備に注意

必要書類に不備があれば再提出を求められる分、融資までに時間がかかってしまいます。
よくある書類不備のケースを紹介しましょう。

  • 使用できない収入証明書の提出
    収入証明書は、銀行によって「直近の2ヶ月分の給与明細」や「最新年度の所得証明書」など様々な指定がされています。

    2018年現在で「最新年度」の書類の提出を求められている場合は、2017年度の収入証明書を提出しましょう。

    例えばすでに2017年度分の所得証明書や源泉徴収票が発行されているのに、2016年度以前の書類を提出してはいけません。
    再提出を求められ、審査がスムーズに進まなくなるでしょう。
    提出前に今一度書類を確認しましょう。

  • カメラで撮った不鮮明な画像の提出
    書類をWEB上でアップロードするカードローンで起こりうるケースです。
    書類をカメラで撮影する場合は、文字がしっかりと判別できる鮮明な画像を撮りましょう。
    カメラのピントが合っていなかったり、室内が暗すぎて文字が読めなかったりすると、再提出を求められます。

銀行からの電話に応対する

書類の不備などがあった場合、銀行から電話がかかってきます。
知らない番号からの電話は受けない人も多いかもしれませんが、審査期間中は電話に出るようにしましょう。

口座開設が不要の銀行カードローンは利用開始が早い

口座開設が不要の銀行カードローンは利用開始が早い

自行の口座開設が必要な銀行カードローンは、サービス利用開始まで時間がかかります。

例えば、みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行の口座がなければ利用できません。
もし口座を持っていなければ、普通預金口座を作らなければいけないのです。
口座開設とカードローンの申し込みを同時に行う場合、利用開始までに3週間はかかってしまいます。

カードローンのためにわざわざ口座を作るのは面倒ですよね。
何より時間がかかってしまいます。

ここでは、口座を開設しなくても利用できる銀行カードローンを紹介します。

  • 三菱UFJ銀行 バンクイック
  • イオン銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン

口座開設不要のカードローンは融資までの時間も早くなります。
急いでキャッシングしたい人は上記の銀行カードローンを利用しましょう。

在籍確認・電話がない銀行カードローン

在籍確認・電話がない銀行カードローン

職場バレを恐れて、在籍確認がない銀行カードローンを探している人もいらっしゃるでしょう。

残念ながら、銀行カードローンは職場への在籍確認をおこないます。
在籍確認の方法は「電話」です。

基本的に個人名を名乗るために、カードローンの申し込みであることは職場にはバレないでしょう。

銀行カードローンの利用に向いている人・向いていない人

銀行カードローンの利用に向いている人・向いていない人

銀行カードローンの使い勝手は、消費者金融とかなり似ています。
一方で、金利や限度額、審査スピードなどの面で若干の違いがあるのも事実です。

消費者金融と比べて、銀行カードローンの利用に向いている人・向いていない人をあげてみましょう。

向いている人

  • 少しでも低金利で借りて返済負担を軽くしたい人
    銀行系カードローンの上限金利は、消費者金融よりも低いです。
    金利が低ければ返済負担も軽くなります。
  • 銀行で住宅ローンを利用している人
    同一銀行で住宅ローンを利用していると、カードローンの金利を下げてくれる場合があります。

向いていない人

  • 即日で借入したい人
    この記事で何度も説明したように、銀行カードローンは即日融資が不可能となりました。
    申し込んだその日のうちに借入したい人には向いていません。
  • 在籍確認の電話を受けたくない人
    銀行カードローンは職場へ電話することで在籍確認を行います。
    どうしても在籍確認を受けたくない場合は、消費者金融がおすすめです。

    SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば、在籍確認の電話は絶対にありません。

即日融資を求める人におすすめは、消費者金融

即日融資を求める人におすすめは、消費者金融-

「どうしても今日中に借入しなければいけない」という人もいるでしょう。

そんな人は消費者金融がオススメです。
大手の消費者金融は即日審査、即日融資が可能です。

即日融資(ATM) 即日融資(振込)
プロミス 可能 可能
アイフル 可能 可能
アコム 可能 可能
SMBCモビット 可能 可能
ノーローン 可能 可能

※ATMで即日融資を受けるには自動契約機での契約が必要

書類に不備がなく、在籍確認もすぐに取れれば、即日で融資を受けられる可能性が高いです。
審査、融資までのスピードは消費者金融に軍配が上がります。

どうしても即日融資を希望の方は、下記業者を検討してみてください。

プロミス

当サイト一押し!最短即日融資OK

プロミス
みんなの評判
  • 3.9点
実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分 最短1時間
担保・保証人 お試し診断 パート アルバイト
不要
  • Web契約で最短1時間融資も可能
  • 申し込み、借入、返済24時間OK!

本日中に借入する場合

あと時間

アイフル

ネット簡単!最短30分で審査完了!

アイフル
みんなの評判
  • 4.1点
実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分 最短1時間
担保・保証人 お試し診断 パート アルバイト
不要
  • 初めての方なら最大30日間無利息!
  • お悩みなら会話ロボット「ルフィア」に24時間ご相談可能!
    ※スマートフォンサイトからのご利用に限ります。

本日中に借入する場合

あと時間

アコム

はじめての方は30日間金利0円

アコム
みんなの評判
  • 3.4点
実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分 最短1時間
担保・保証人 お試し診断 パート アルバイト
不要
  • 最短30分で審査回答!来店不要!
  • 平日14時までに必要書類の確認完了で即日融資可能!

本日中に借入する場合

あと時間

SMBCモビット

10秒簡易審査・WEB完結
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット
みんなの評判
  • 3.6点
実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
3.0%~18.0% 最大800万円 10秒簡易審査 最短即日
担保・保証人 お試し診断 パート アルバイト
不要
※安定収入がある方

※安定収入がある方
  • 24時間ネット申し込み可能!
  • 年会費・入会金無料!

本日中に借入する場合

あと時間

まとめ

2017年から2018年にかけて、銀行カードローンを取り巻く状況は激変しました。
即日融資ができなくなっただけでなく、審査も厳格になりつつあります。
以前よりも使い勝手が悪くなってしまったのは事実です。

しかし、銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低く、返済負担が軽いです。
長い目で見れば、金利が低い銀行カードローンの方が、返済生活は楽になるでしょう。

  • 即日融資を受けたいなら、消費者金融
  • 低金利で返済負担を軽くしたいなら、銀行カードローン

どちらを選択するか、慎重に検討してみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

“銀行カードローンが2018年より即日融資が不可能に!具体的な流れとは”に関する関連記事

主婦でも銀行カードローンで借入可能!ただし専業主婦は除く 続きを見る

主婦でも銀行カードローンで借入可能!ただし専業主婦は除く

「私は主婦だからお金は借りられない」と思っている人はいませんか? それは完全な誤解です。 銀行でも消費者金融でも、主婦はお金を借りることができます。 たった1つの条件さえ満たしていれば、たいていの人はキャッシング可能です・・・

銀行カードローンの問題と規制動向をまとめ解説!金融庁が問題視する背景とは? 続きを見る

銀行カードローンの問題と規制動向をまとめ解説!金融庁が問題視する背景とは?

2017年、「銀行カードローンが消費者金融と化す」「銀行カードローンの過剰融資により即日融資を規制」などといった見出しが世間を賑わせました。 銀行カードローンとは、銀行が取り扱う個人向け融資商品のことです。 カードローン・・・

 
cancel

本日中に借入する場合

あと10時間1126