ナビナビキャッシング

by Ateam Inc.

このページにはPRリンクが含まれています

  1. ナビナビキャッシング トップ
  2. アコム
  3. アコムでお金を借りる方法をわかりやすく解説|周りにバレないコツも

  • はい
  • いいえ

アコムでお金を借りる方法をわかりやすく解説|周りにバレないコツも

アコムでお金を借りる方法をわかりやすく解説|周りにバレないコツも
金子 賢司

この記事の執筆者

ファイナンシャルプランナー

金子 賢司さん

ホームページ・運用サイト

アコムは大手消費者金融の一つで、多くの人が一度は耳にしたことがあるでしょう。そのため、お金を借りたいと考えている人の中には、アコムを借入先の候補に入れる人も多いと思います。

そこで本記事では、アコムでお金を借りるための申込条件や方法、必要書類について解説します。誰にもバレずにお金を借りるコツについても紹介しているため、「アコムでお金を借りたい」「できるだけ早くお金が必要」という方はぜひ参考にしてください。

アコムとは

アコムとは

アコムとは、三菱UFJフィナンシャル・グループに属する、アコム株式会社が提供している融資サービスです。提供しているカードローンの融資限度額は最大800万円で、実質年率は年3.0%~18.0%となっています。即日融資にも対応しており、緊急でお金が必要になった際に利用できる点が魅力です。

実質年率 年3.0%~18.0%
借入限度額 最大800万円
無利息期間 30日間
審査時間 最短20分
融資スピード 最短20分※
WEB完結
土日の借入

アコムでお金を借りたら「終わり」ではない

アコムでお金を借りたら

アコムの利用を検討している人の中には、「アコム(消費者金融)でお金を借りたら終わり?」と気になっている方もいるでしょう。結論から言うと、きちんと返済すれば大きな問題はありません。

「アコムでお金を借りたら終わり」と考えられる原因には、以下のようなものが挙げられます。

  • 住宅ローンが組めなくなりそう
  • 借金癖がつきそう
  • 悪質な取り立てが行われそう

アコムでお金を借りると、信用情報機関に借り入れた記録が残ります。住宅ローンに申し込んだときに実施される審査でその記録は確認されるため、住宅ローンを組めなくなると考える人もいるでしょう。しかし、返済状況に問題がない場合には融資してもらえる可能性はあります。

また、アコムでお金を借りたらからと言って、借金癖がつくとは限りません。返済が完了したら、すぐにカードローンのカードを解約することで、借金癖を防止できます。また、家計簿をつけて、収支を把握することも一つの手です。

アコムでは、闇金のような悪質な取り立ては行なっていません。そもそもアコムの金利は法外なものではなく、きちんと返済計画を立てることで十分に返済は可能です。

つまり、アコムでお金を借りたら終わりなのではなく、借りた後にきちんと返済できるかどうかが重要となります。

アコムでお金を借りるための申込条件

申込条件

アコムでお金を借りるための申込条件は、以下の通りです。

  • 申込み時点で20歳以上
  • 安定した収入と返済能力がある

申込み時点で20歳以上

アコムの申込条件のひとつは、20歳以上であることです。20歳以上であれば、学生でもアコムに申し込めます。

なお、審査時に本人確認書類を提出するため、年齢は偽れません。18歳、19歳でお金を借りたいという場合には、プロミスなど18歳から申し込める消費者金融を検討するとよいでしょう。

安定した収入と返済能力がある

安定した収入と返済能力があることも、アコムの申込条件の一つです。必ずしも正社員である必要はなく、アルバイトやパート、派遣社員、主婦(主婦)でも申し込めます。

アコムのWebサイトでは、簡単な質問に答えるだけで借入可能かわかる「3秒診断」を受けることが可能です。年齢と年収、他社からのカードローン借入状況の3項目を入力するだけであるため、審査に通るか不安な人は一度診断を受けてみるとよいでしょう。

アコムでお金を借りる方法

お金を借りる方法

ここでは、アコムの申込方法別に手順をわかりやすく解説していきます。

  • インターネットで申し込む
  • 自動契約機で申し込む
  • 電話で申し込む
  • 郵送で申し込む

それぞれメリット・デメリットがあるため、特徴を理解したうえで自分に合った方法を選択してください。

インターネットで申し込む

インターネットからは、以下の流れで申し込みます。

  • 公式サイトにアクセスして「お申し込み」ボタンを押す
  • 連絡先や勤務先など必要情報を入力する
  • 審査申込を完了する
  • メールで送られてきたURLから必要書類を提出する
  • メールで審査結果を受け取り、「同意」を選択する
  • 契約が完了する
  • カードを受け取る場合は、自動契約機または郵送で受け取る

必要書類の写しを用意する必要はなく、書類をカメラで撮影してアップロードするため、手続きをスムーズに進められます。アコムは専用のアプリも提供しており、アプリから書類を提出することも可能です。

メリット デメリット
  • 24時間いつでも申し込める
  • 自宅や外出先のどこからでも申し込める
  • 融資まで最短20分※
  • インターネット環境が必要になる

インターネットで申し込む方法であれば、場所や時間を問わず、申込手続きを行えます。最短20分※で融資を受けられるため、「できるだけ早く借入したい」という方におすすめの申込方法です。

アコム

総合評価

  • 3.9点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.0%~18.0% 最大800万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短20分 最短20分※

おすすめポイント

  • 最短20分で審査回答!来店不要!
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人なら最大30日間、金利0円!

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

電話で申し込む

電話からは、以下の流れで申し込みます。

  • フリーダイヤル(0120-07-1000)に電話をかける
  • 新規で申し込みしたい旨を伝える
  • スタッフの指示に従い、必要な情報を回答する
  • 必要書類を提出して、審査を受ける
  • 審査結果の連絡を受けて、結果に同意する
  • 契約が完了する
  • カードを受け取る場合は、自動契約機または郵送で受け取る

フリーダイヤルでは、24時間受付を行なっています。しかし、18時以降の申し込みの電話は、翌日受付の扱いとなるため、即日で融資を受けたい場合には18時より前に電話をかけましょう。

メリット デメリット
  • 自宅から申し込める

  • 疑問点をスタッフに電話で相談できる

  • 電話口で個人情報を伝える必要がある

借入に関して不安や疑問がある場合には、電話でスタッフに相談しながら、手続きを進められます。「初めての借入でわからないことが多い」「スタッフに相談しながら手続きを進めたい」という方におすすめの申込方法です。

郵送で申し込む

郵送では、以下の流れで申し込みます。

  • フリーダイヤル(0120-07-1000)に電話をかける
  • 郵送で申し込みたい旨を伝えて、申込書類を請求する
  • 申込書類が届いたら、必要事項を記入する
  • 必要書類の写しを同封して、返送する
  • 電話で審査結果の連絡を受けて、同意する
  • 契約が完了する
  • 自宅に契約書類とカードが郵送される

仕事終わりや家事の合間など、都合の良いタイミングで申込書類を用意できる点が魅力です。

ただし、郵送に時間がかかるため、融資までに時間がかかるというデメリットがあります。提出した書類に不備がある場合には、再度書き直しになる可能性があるため、誤りがないように慎重に確認しましょう。

メリット デメリット
  • 都合の良いタイミングで手続きを進められる

  • 自宅で申込手続きを行える

  • 融資までに時間がかかる
  • 書類に不備があった場合、さらに時間がかかる

まとまった時間がなくても隙間時間で申込書類を用意できるため、忙しくてまとまった時間が取れないという方におすすめの申込方法です。

自動契約機で申し込む

自動契約機では、以下の流れで申し込みます。

  • アコムのWebサイトから最寄りの自動契約機を検索する
  • 自動契約機に必要書類を持参する
  • 画面の指示に従い、必要情報を入力する
  • 必要書類を端末で読み取る
  • その場で、審査結果を確認して、同意する
  • その場で、カードを受け取る

自動契約機では、その場で審査結果を確認して、カードを受け取れます。スタッフは不在ですが、不明点があれば備え付けの電話で質問できるため、不明点を解消しながら手続きを行うことが可能です。

来店前にインターネットで申し込みをしておくと来店後の手続きを短縮できるため、急いでいる場合はあらかじめ申し込みをしておきましょう。

メリット デメリット
  • 最短30分でカードを発行できる

  • 備え付けの電話でスタッフに相談できる

  • 自動契約機に足を運ぶ手間がかかる

  • 営業時間が9時〜21時まで

自動契約機で申し込むと、最短30分でカードを発行できます。不明点も備え付けの電話でスタッフに相談できるため、「スタッフに相談しながら手続きを進めたい」「できるだけ早くカードを受け取りたい」という方におすすめの申込方法です。

アコムでお金を借りるために必要な書類

お金を借りるために必要な書類

アコムでお金を借りるためには、本人確認書類と収入証明書の提出が求められます。

本人確認書類

  • 運転免許証(表・裏)
  • マイナンバーカード(表面のみ)
  • パスポート(写真・住所記載部分)
  • 保険証(表・裏)
収入証明書
書類の種類 取得方法
源泉徴収票 勤務先から12月〜1月に交付される
市民税・県民税額決定通知書 勤務先または市区町村役場から5月〜6月に交付される
所得証明書 市区町村役場または税務署で取得する

確定申告書・青色申告書・収支内訳書

1月〜3月に税務署へ提出した書類

給与明細書

勤務先から交付される

誰にもバレずにアコムでお金を借りるコツ

バレずにアコムでお金を借りる

アコムの利用を検討している人の中には、誰にもバレずに利用したいという人も多いでしょう。そこで、ここでは誰にもバレずにお金を借りるコツを紹介します。

  • カードレスで契約する
  • きちんと期日までに返済する
  • 電磁交付サービスを利用する

カードレスで契約する

アコムのローンカードを他の人に見られると、アコムの利用が周りにバレてしまう可能性があります。周りにバレにくくするために、申込時にカードレスで契約して、カードを持たないという手もあります。

カードレス契約にすることで、自宅にカードが郵送されるのを防止できて、家族に郵便物が見られる心配はありません。また、財布にカードを入れて持ち歩く必要がなくなり、会計時に周りにカードが見られる心配も解消されます。

なお、カードを利用して融資を受けたいという人もいるでしょう。そのような場合には、自動契約機でカードを受け取ることで、自宅にカードは郵送されません。

きちんと期日までに返済する

返済が滞ると、アコムから督促の電話がかかってきたり、督促状が郵送されたりします。督促の電話に家族が出てしまう、または督促状を家族に見られてしまうと、家族にアコムの利用がバレてしまい、信用も失ってしまうでしょう。督促で家族にバレることを防止するためには、きちんと期日までに返済する必要があります。

毎月の支払日を忘れそうな場合には、口座振替によって自動で返済する方法を選ぶことがおすすめです。また、アプリを活用すれば、支払日の3日前と当日にプッシュ通知で支払いのお知らせを受け取れるため、忘れにくくなります。

電磁交付サービスを利用する

電磁交付サービスは、契約に関する書類や、借入や返済・支払いの明細書をマイページで確認できるサービスです。マイページのメニューにある「書面の受取方法(登録・変更)」から設定できます。

電磁交付サービスに登録していない場合、借入時や支払時に自宅に明細書などが郵送されることがあります。明細書が家族に見られることを防止したいのであれば、電磁交付サービスを利用しましょう。

アコム

総合評価

  • 3.9点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.0%~18.0% 最大800万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短20分 最短20分※

おすすめポイント

  • 最短20分で審査回答!来店不要!
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人なら最大30日間、金利0円!

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムでお金を借りるメリット・デメリット

メリット・デメリット

消費者金融には数多くの種類があり、「アコムの何がよいの?」と気になっている方もいるでしょう。そこで、ここではアコムでお金を借りるメリット・デメリットについて説明します。

メリット デメリット
  • 借りてすぐに返すと利息0円

  • 最短20分※で融資を受けられる

  • 提携ATMが多い

  • 銀行カードローンよりも金利が高い

  • 提携ATMの利用に手数料がかかる

メリット

アコムでお金を借りるメリットには、以下のようなものがあります。

  • 借りてすぐに返すと利息0円
  • 最短20分※で融資を受けられる
  • 提携ATMが多い

アコムでは初めてを契約する人を対象に、30日間金利0円サービスを提供しています。契約の翌日から30日間は利息が0円であるため、その期間に返済すれば利息が発生しません。

アコムには複数の申込方法がありますが、できるだけ早く借り入れしたい場合には、インターネットから申し込むことがおすすめです。カードレスを選択することでカードの到着を待つ必要はなく、最短20分※で融資を受けられます。

また、全国に設置されている提携ATMが多い点もATMのメリットのひとつです。提携しているATMを見つけやすいことから借入・返済がしやすく、利便性が高くなっています。

デメリット

アコムでお金を借りるデメリットには、以下のようなものがあります。

  • 銀行カードローンよりも金利が高い
  • 提携ATMの利用に手数料がかかる

アコムの金利は、消費者金融の中では平均的なものですが、銀行カードローンと比較すると、金利は高めに設定されています。銀行カードローンは金利が低い反面、審査に多くの時間がかかり、即日で融資を受けることはできません。即日で融資を受けたい場合にはアコムを、できるだけ利息を抑えたい場合には銀行カードローンを選ぶとよいでしょう。

また、提携ATMの利用に手数料がかかる点もアコムのデメリットです。全国に提携ATMが多いため使いやすいですが、短期間に何度も提携ATMを利用していると手数料が高くなる点に注意しましょう。提携ATMの手数料は取引金額によって異なり、取引金額が1万円以下の場合は110円、1万円を超える場合には220円の手数料がかかります。

アコムの返済方法

返済方法

アコムでは5つの返済方法が用意されています。以下の表に、それぞれの手数料や特徴をまとめました。

返済方法 手数料 夜間・土日返済 特徴
インターネット返済 無料
  • 24時間365日返済できる
  • スマホから手軽に返済できる
アコムATM 無料
  • 手数料がかからない
  • 周りに利用を見られる可能性がある
提携ATM 110円〜220円
  • ATMの設置数が多く、返済しやすい
  • 手数料がかかる
銀行振込 金融機関によって異なる ×
  • 端数も返済できる
  • 土日には返済できない
口座振替 無料 ×
  • 返済の手間がかからない
  • 返済を忘れない

インターネット返済はすべての金融機関に対応しているわけではありません。みずほ銀行やゆうちょ銀行は対応しておらず、対応している金融機関はアコムのWebサイトから確認できます。

よくある質問

アコムでお金を借りるのはやばい?

A.やばいものではありません。闇金のような悪質な取り立ては行われず、返済が滞った場合には電話または郵送物で督促が行われます。

アコムでお金を借りると周りにバレる?

A.カードを周りに見られてしまったり、郵送物を見られてしまったりすると、周りにバレる可能性があります。カードレスで契約する、または自動契約機でカードを受け取ることで、周りの人にバレにくくなります。

アコムで借りるとローンを組めない?

A.組めます。他のローンの審査ではカードローンの記録を確認されますが、きちんと期日までに返済しておけば、審査に大きな影響はありません。

まとめ

アコムには、20歳以上で、安定した収入と返済能力がある人が申し込めます。正社員だけではなく、アルバイトやパート、主婦(主夫)でも融資を受けることは可能なのです。

また、アコムには複数の申込方法が用意されており、自分に合ったものを選べます。その中でも、できるだけ早く融資を受けたい場合には、インターネットから申し込むことがおすすめです。カードレスで契約すれば、最短20分※で融資を受けられます。

本記事では、アコムの申込方法や必要書類、周りにバレずに利用するコツなどについて説明しました。ぜひ本記事で説明した内容をもとに、アコムでお金を借りるか検討してください。

アコム

総合評価

  • 3.9点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.0%~18.0% 最大800万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短20分 最短20分※

おすすめポイント

  • 最短20分で審査回答!来店不要!
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人なら最大30日間、金利0円!

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

関連記事

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す

キャッシングするときの目的は人それぞれ。即日キャッシングしたい人や個人事業主向けのローンなど目的がはっきりしている方はこちらからキャッシング・カードローンを選んでみましょう!

  • 基本情報

※当サイトでは掲載各社(アコム株式会社等)のアフィリエイトプログラムで収益を得ております。
【三井住友銀行 カードローンについて】
※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。
【みずほ銀行カードローンについて】
※みずほ銀行住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
【レイクの貸付条件について】
※【レイクの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。 満20歳以上70歳以下の人で安定した収入のある人(パート・アルバイトで収入のある人も可)は、利用できます。 ※取引期間中に満71歳になった時点で、新たな融資は停止されます。 【融資額】1万円~500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%~18.0%※貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。 【利用対象】満20歳~70歳(国内居住の人、日本の永住権を取得されている人)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・返済回数】最長5年・最大60回 ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。 【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。 新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関(日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター)契約には所定の審査があります。 2023年1月現在。 商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)貸金業者の登録番号:関東財務局長⑽ 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 ※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。 初めて利用の人への当日融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。 融資時間は、一部店舗によって異なります。 年末年始を除きます。 一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。 Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。 30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。 無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。 無利息期間経過後は通常金利適用。 貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。
【アイフルの貸付条件について】
※【商号】アイフル株式会社 【登録番号】近畿財務局長(14)第00218号 【貸付利率】3.0%~18.0%(実質年率) 【遅延損害金】20.0%(実質年率) 【契約限度額または貸付金額】800万円以内(要審査) 【返済方式】借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式 【返済期間・回数】借入直後最長14年6ヶ月(1~151回) 【担保・連帯保証人】不要
東証プライム市場上場

「ナビナビキャッシング」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。

株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.